おフランスかぶれのうたかたの日々

パリのおすすめレストラン「Astier」

01

私は一人旅が多かったので、パリに行く回数が多い割にはレストランをあまり知らない方なのですが…
今回もパリのおすすめレストランをご紹介します♪

あまり治安がいい地区ではないけれど、Oberkampf(オベルカンフ)駅界隈には、お手頃価格でいただけるレストランやビストロがたくさんあります。

中でも、貧乏でフランス語もまともに話せなかったプチ留学時代に好きになったレストラン「Astier(アスティエ)」は、個人的な想い出がたくさん詰まったお店。

前菜・メイン・デザートといったコース「Le menu Astier」で35ユーロ。それにフロマージュがつく「Le Menu Classiqued’Astier」だと45ユーロと、パリでのディナーにしてはかなりお得。
ランチコースも、実は同じ値段です。
(2016年3月現在)

そして…日本に住んでいると、時差もあるのと電話代も怖いので、ネット予約できるお店は本当にありがたい!

前菜のオススメは、ニシンの酢漬け「Harengs marinés, pommes rattes en vinaigrette」。
私はこのお店では他のメニューは頼めません。
というよりも、もうこのメニューさえ頼めば何もいらないくらい大好き。
大きい器でドドーン!と出されて、食べ放題。
自宅で真似しようとしても、この美味しさはなかなか再現できません。

02

ここで食べ過ぎてしまうのが、無計画な私の悪い癖…。
だって止められないくらい美味しいんですもの。
そして付け合わせに爆量のじゃがいももついてくるのです。

そんなわけで前菜でもうじゅうぶん満足。
メインは相方に頑張ってもらって(笑)、私は大好きなフロマージュとワインを!

フロマージュも、こんな感じでドーンとテーブルにやってきます。

03

カットされてサーブされるわけじゃないのです。
これ、全部食べ放題!

「もう…ほんとに…結構…」と、悪夢にうなされそうなほど胃の中がフロマージュまみれになるまで食べられるのです。

そしてデザートもまたかなりのボリューム。一番軽めなデザートでも、こんな感じ。

04

お会計をお願いすると、フロマージュの空き箱で持ってきてくれました。

05

パリではどんどん新しいアドレスが出てくるけど、何年経っても変わらないお店はやっぱり魅力的。
思わず「ただいま!」と行ってしまいそうな、アットホームなレストラン。
人気店ですので、行かれる際はご予約をおすすめします♪

Astier (アスティエ)
44, rue Jean-Pierre Timbaud 75011 Paris
営業時間 12:15-14:15 / 19:00-22:30
無休
http://www.restaurant-astier.com/

関連記事

  1. フィルムカメラで撮るパリ フィルムカメラで撮るパリ
  2. 暮らすようにパリ滞在!アパートメントホテル「シタディーヌ」…
  3. 日フランス大使公邸の新年会に行ってきました! 駐日フランス大使公邸の新年会に行ってきました!
  4. パリで狩猟の歴史を学ぶ—「狩猟自然博物館」
  5. Antoinette Poisson (アントワネット・ポワソン…
  6. パリで一番短い通り「ドゥグレ通り」
  7. フランス社交界御用達の超高級写真館「スタジオ アルクール パ…
  8. パリから行ける日帰り観光~エペルネー〜

New!!

  1. あっという間に理想の一汁三菜が完成!野菜の揚げ浸しで平日晩ごはん
  2. 【プレゼント】『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
  3. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” 高山奈保美さん(同)アンジェロ代表
  4. 【プレゼント】『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前イベント試写会 】『泣き虫しょったんの奇跡』
  5. 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~ 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~
  6. ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク
  7. パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス) パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)
  8. 夏の“足のつり”はアロママッサージで解消しよう!
  9. 野菜の素揚げのせ冷やしうどんと豚の竜田揚げでパワフル週末ごはん 暑い夏を乗り切る休日ごはんの献立
  10. 【プレゼント】『寝ても覚めても』トークショー付試写会 『寝ても覚めても』

Present & Event

  1. 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
PAGE TOP