足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】今が旬!鱈の三平汁でカラダにやさしく

鱈の三平汁

先日、「あけましておめでとうございます」とご挨拶をしたのに、あっと言う間に2月に入りました。昨日は暦の上では立春でしたが、1年で一番寒いのがこの時期ですね。

わたしは昨日、娘とわたしのお雛様を飾りました。寒い中のお雛様は、どこかで春の訪れを知らせてくれているような気持ちになります。こちらをお読みくださっている現役のお嬢様方、昔のお嬢様方…。お幸せな毎日でありますように。

今日は旬の素材「鱈」を使った三平汁をご紹介します。

松前藩のお殿様が狩りに出てお腹が空き、漁師の斉藤三平の家で食事を頼んだところ、ありあわせのもので仕立てた汁が、お気に召したところから三平汁と呼ばれるようになったという説。
蝦夷地の開拓に渡った南部藩家臣の斉藤三平が、後に津軽の海を超えてやってきた人たちに対して、奥尻島で振舞った汁を元祖とする説。
三平汁 – Wikipedia

いずれにしても、北海道の郷土料理です。鮭(さけ)、鰊(にしん)、鱈(たら)などの魚の塩引きまたは糠漬け(糠ニシン)を大根、人参、じゃが芋などと一緒に煮た、お塩仕立てのお汁です。寒いこの時期、多めに作って熱々をフーフーしながらどうぞ。

鱈の三平汁

材料と分量(2人分)
鱈の切り身(冷凍鱈でも良い) 2切れ
大根 合わせて250〜300g
人参
ジャガイモ
白菜
長ねぎ 5㎝
昆布のだし汁 3カップ
適宜
大さじ1
作り方
1.鱈は食べやすい大きさに切り、お酒を振りかけておく。大根、人参はいちょう切り、じゃが芋は皮をむいて2~3等分に切っておく。長ねぎは小口切り。
2.水に昆布を入れて(なかったら少々の顆粒だしでも良い)じゃが芋、大根、人参を入れて火にかける。煮立ったら鱈を入れ、再び煮立ったら弱火にして、じゃが芋が煮えたら出来上がり。
3.鱈の塩加減でお汁の味を調節してください。
4.お碗に盛り、長ねぎの小口切りをのせていただく。

みんなの体にやさしい鱈

さっぱりとした白身魚のたらは、『鱈』と書くように寒い雪の頃が美味しい、真冬が旬のお魚です。
ご紹介した三平汁には、活きの良い鱈が手に入ったら、何でもかんでもお汁に入れて、全部食べられると言うほどのお魚です。
鱈の白子は「たち」と言う、本当に美味しいものです。

普段は小さい鱈の胃も、満腹になるとその何倍にもなり、そのようなところから「たらふく食べる」と言う言葉が生まれたそうです。
さっぱりとしたお味なのに、グルタミン酸やイノシン酸が豊富なので旨みもたっぷり。しかも、高たんぱくで低脂肪だから、みんなの体にやさしい食材です。
• 消化吸収がよく、やさしいお味 → 赤ちゃんやご高齢の方に
• 胃腸を温め血行を良くしてくれます → 冷え性、風邪気味、お疲れ気味の方に
• 低カロリー → ダイエット中や生活習慣病が気になる方に

くせのないお魚なので、どんなお料理も使いやすい優れもの…旬の鱈を味わってみてください。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理家
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 【レシピ】これぞ体がよろこぶおいしいまめまめサラダ
  2. 【レシピ】美味しいデザートで風邪予防!柿とヨーグルトクリームのデ…
  3. 【レシピ】たこのチヂミで疲れを吹き飛ばそう! 【レシピ】たこのチヂミで疲れを吹き飛ばそう!
  4. ごちそう冷やし蕎麦 【レシピ】ごちそう冷やし蕎麦で美味しく夏バテ予防
  5. 【レシピ】夏の疲労を美味しく回復!豆腐ステーキのきのこソースのせ…
  6. 贅沢なめ茸のおろし和え 【レシピ】ダイエットにもオススメ!贅沢なめ茸のおろし和え
  7. 【レシピ】腸をキレイにする大根のゴロンとスープ
  8. 【レシピ】美人に近づくブロッコリーのミモザサラダ

New!!

  1. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” 高山奈保美さん(同)アンジェロ代表
  2. 【プレゼント】『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前イベント試写会 】『泣き虫しょったんの奇跡』
  3. 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~ 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~
  4. ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク
  5. パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス) パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)
  6. 夏の“足のつり”はアロママッサージで解消しよう!
  7. 野菜の素揚げのせ冷やしうどんと豚の竜田揚げでパワフル週末ごはん 暑い夏を乗り切る休日ごはんの献立
  8. 【プレゼント】『寝ても覚めても』トークショー付試写会 『寝ても覚めても』
  9. 【フラワーアレンジ】真夏はビビットな色合いで
  10. 【占い】七音の幸せになる数秘術占い 8月の運勢

Present & Event

  1. 】『泣き虫しょったんの奇跡』
PAGE TOP