おフランスかぶれのうたかたの日々

旅は計画するところから既に始まっている—フランス旅行「持ち物」編

01

二か月前に計画を立てたフランス一人旅、いよいよ明日出発です!

たった一週間の旅行のために、ものすごくパワーを使いましたが…
やっぱり旅行はあれやこれやとスケジューリングしたり準備したりするのが本当に楽しいです!

さて、前回は「プラン」編でしたが、今回は旅の持ち物について。

久しぶりの一人旅なので、結構悩みました。
トイレに行くときも荷物を放っておけないし(狭い個室に荷物と一緒に入るときの苦痛ったら!)、新幹線に乗るときはできれば網棚など座席からの視野の範囲に置いておきたいし…。
機内持込ができるような小さなキャリーバッグで行くことも考えました。

○ ロストバゲージの心配がない
○ 新幹線でも席の近くに置いておける
○ 階段昇降など移動時が楽
○ よっぽどでない限り、帰りの飛行機で荷物重量オーバーしない
× お土産などで荷物が増えた時のストレスがハンパない
× 液体系の持込に制限がある

…と、機内持込可能なキャリーバッグのメリット/デメリットを挙げてみました。
移動時の大変さはあるけれど、やっぱり荷物が増えた時のストレスを考えると、大きいほうが自分にあっていると思い、機内持込は諦めました!
前回あまり購入したつもりはなくても、なんだかんだ帰路には2本の腕では足りないくらいの荷物になってしまいましたし(汗)

02

機内持込できる液体物が限られているのも私にはストレス。
フランスでは3つ星ホテルでもアメニティがついていません。
一週間のヘアケア、スキンケア、そして超絶乾燥する季節なので強力な保湿用ボディケア…と考えると、乾燥肌の私はとてもじゃないけど足りませんでした。

03

実はスーツケース一つで丸二日くらい悩んでしまいました…(苦笑)。
正直パスポートと財布だけあればなんとかなるのですが、余計な出費はしたくないですものね。

あと地味に必須アイテムは「ポケットティッシュ」。
フランスでももちろんポケットティッシュは売ってはいますが、本当に素材が硬いんです。
フランス人はティッシュでは鼻をかみません。ハンカチで豪快にかみます。
ハンカチで鼻をかむことには抵抗あるし、1週間の旅行では洗濯もあまりできませんし、日本のやわらかいポケットティッシュは本当に重宝します。
フランスでは日本以上に「鼻をすする」行為はいやがられます。
以前、電車で友人がズルズルと鼻をすすっていたとき、フランス人がティッシュを差し出してきて「もう本当にいや!鼻かんでよ!」って言ってきたのは衝撃でした。
そしておしぼりを出すお店はほとんど(いや、まったく!?)ないので、ウェットティッシュも必須です。
(あと生理用ナプキンの質も日本製品には勝てないので、使い慣れたものを!)

そしてこちらも地味に必須アイテム、機内の読書タイム用の本。
今回の旅のおともは、ガイドブックでなく、フランス語学習用の本と「カープ魂」(笑)。

04

ほか私の旅アイテムは、去年ちょうどCheRishの連載で同じような記事を書いていたのでこちらをご覧ください♪
「フランス女子会」で満喫旅行!旅支度編

2週間後、こちらの連載で楽しい旅報告ができますように!
では、いってきまーす!

著者プロフィール

nontage
nontageWebディレクター
渋谷区在住フランス狂。
趣味:フランス旅行・フランス映画鑑賞・フランス語学習
職業:WEBディレクター兼フランス妄想家
魂はフランスに置いて来ましたが、広島カープファンです。

関連記事

  1. 白・白・白!のシークレット・ディナーパーティー「ディネアン…
  2. パリのパッサージュ「パッサージュ・ジュフロワ」
  3. 200mの高さから見下ろすパリ!モンパルナスタワーの展望テラス 200mの高さから見下ろすパリ!モンパルナスタワーの展望テラ…
  4. Processed with VSCO with c1 preset 航空発祥記念館 企画展「エールフランス航空-旅の美学-」
  5. ガレット・デ・ロワの季節!
  6. フランス社交界御用達の超高級写真館「スタジオ アルクール パ…
  7. パリから行ける日帰り観光〜ヴェルサイユ〜
  8. パリのコスメブティック「BULY」(ビュリー)

New!!

  1. 【チャイレシピ】No.60 ほうじ茶・シナモンチャイ 【チャイレシピ】No.60 ほうじ茶・シナモンチャイ
  2. 【レシピ】丸ごと玉ねぎのオーブン焼きと豚肉とちりめんキャベツの煮込み 【レシピ】丸ごと玉ねぎのオーブン焼きと豚肉とちりめんキャベツの煮込み
  3. ウェットインウェット ウェットインウェット
  4. 【ネイル】春が待ち遠しいスノーフラワーネイル
  5. 【編集長日記】暮らしの中のこだわりと大切にしたいもの
  6. 【チャイレシピ】No.59 バター茶 【チャイレシピ】No.59 バター茶
  7. 【レシピ】鶏肉と白菜の具沢山スープ鍋で体の芯から温めよう! 【レシピ】鶏肉と白菜と○○のスープ鍋で体の芯から温めよう!
  8. 【ワークスタイル】ガーナでの生活と闘病経験から、ブランドを生み出す 大山知春さん(VIVIA JAPAN株式会社代表取締役) 【ワークスタイル】ガーナでの生活と闘病経験から、ブランドを生み出す 大山知春さん(VIVIA JAPAN株式会社代表取締役)
  9. 会社帰りに2時間でパリ!?「ファーストエアラインズ」で夢の旅行体験を 会社帰りに2時間でパリ!?「ファーストエアラインズ」で夢の旅行体験を
  10. 2018年のバレンタインは本命チョコ?義理チョコ?ご褒美チョコ!!

Present & Event

  1. 『羊の木』オリジナル付箋
PAGE TOP