CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

エール!

main

私は、笑って泣けて+ちょっとシュールな家族映画が大好きでよく観ます。このジャンルで近年のお気に入り映画は、『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)、『ラブ・アゲイン』(2011)、『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(2014)なのですが、新たに同ジャンルのマイ・リストに加えたいフランス映画『エール!』を、今回は紹介したいと思います。

本作は、聴覚障害者の家族と彼らの生活を支える健常者の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)の人生を描くヒューマン・ドラマ。全仏で4週連続No.1、12週連続TOP10入りを果たし、動員750万人超えの大ヒットを記録しました。

sub1

フランスの田舎町で農家を営むベリエ家は、高校生のポーラ以外、父も母も弟も全員耳が聴こえないが、陽気な仲のいい家族。ある日、ポーラの歌声を聴いた音楽教師はその才能を見出し、彼女にパリの音楽学校のオーディションを受けることを勧める。しかしポーラの歌声を聴くことができない家族は、彼女の才能を信じることができない。家族から猛反対を受けたポーラは、夢を諦めようとするが……。

主人公ポーラ役に抜擢されたのは、音楽オーディション番組「ザ・ヴォイス」仏版で注目を集めた新星ルアンヌ・エメラ。映画に初めて出演した本作で、瑞々しさ溢れる等身大の演技と圧倒的な歌唱力で観客を魅了し、本年度のセザール賞(≒仏版アカデミー賞)、リュミエール賞(≒仏版ゴールデン・グローブ賞)の最優秀新人賞を受賞しました。

また、ポーラの父母を演じたフランソワ・ダミアンとカリン・ヴィアールの手話の演技は素晴らしく、弟役のルカ・ジュルベールは実生活でも重度の障がいを持ち、演技経験もなかったにも関わらずイキイキと演じています。ベリエ家にはむき出しの愛があり、そのやりとりを見ているとつい笑みがこぼれます。

sub2

そして驚くべきは、本作でルアンヌは、ミシェル・サルドゥの名曲(「恋のやまい(La Maladie d’Amour)」は、「愛の出帆」というタイトルでジュリーが日本語カバーも!)を数曲歌っていますが、どの歌詞も本作のストーリーと見事にシンクロしているということ。ラストシーンの「青春の翼(Je Vole)」では、家族からの旅立ちを歌い、涙なくしては観られません。

ちなみに本作のタイトル『エール!』は、①Air(仏語)曲、②Aile(仏語)翼、③Yell(英語)応援という意味があるそうです。少女の夢と家族への愛を乗せた歌声が起こした奇跡をぜひ劇場で。愛おしい気持ちになりますよ!

poster

『エール!』
新宿バルト9ほか全国公開中
http://air-cinema.net
【配給・提供】クロックワークス、アルバトロス・フィルム
(C) 2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinema-Quarante 12 Films-VendOme Production-Nexus Factory -Umedia




Author's Profile

GLAM編集長/エディター・ライター國方 麻紀(くにかたまき)
香川・丸亀出身、東京・吉祥寺在住のアラフォーのエディター・ライター。
女性誌『ELLE JAPON』『VOGUE JAPAN』のウェブ・エディターを経て、現在は女性サイト「GLAM」編集長に。
好きな映画のジャンルは、バイオレンスや時代劇、B級など。
「このコラムを読んで普段観ないようなジャンルの映画にも興味を持ってもらえたらうれしいです!」
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。