CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】トマトのカクテルで美味しく美肌をGET!

6C1A4611

残暑お見舞い申し上げます。
わたしの住んでいる北海道、以前はお盆が過ぎると秋風が吹き始めました。
去年は9月に入っても暑い日が続いていましたが、今年は既に涼しいを通り過ぎて、ここ数日は寒い日が続いています。

すごすぎるトマト・・・第一弾のガスパチョはどうでしたか?
かんたんで、おいしかったでしょう?
さて、今日もすごすぎるトマトのレシピ第2弾をお送りします。
コロコロに切ったトマトときゅうり、そして女性に人気なエビが入ったトマトのカクテルです。

トマトのカクテル

材料と分量(2人分)
完熟トマト 中2個
きゅうり 1/2本
小海老 60g
にんにく 1片
バジル・オレガノ・ローズマリー・タイム(ドライ可) 各少々
塩・こしょう 少々
大さじ2/3
サラダ油 大さじ2/3
作り方
1.トマトは皮をむいて種を取り、1㎝角に切る。きゅうりは食べやすい大きさに、ニンニクはみじん切りにする。えびはさっと茹でておく
2.調味料全部をよく混ぜ合わせた中に①の材料を入れて、味と香りがしみるまで一晩冷蔵庫で冷やしてからいただく

すごすぎるトマトの効果についてⅡ

第1週にお伝えしたすごすぎるトマトの効果についてⅠに続き、今回はⅡをご紹介!

①リコピンと抗酸化

リコピンの働きは強力な抗酸化作用です。人間の体内では一定の割合で活性酸素が発生しています。活性酸素とは酸化力が強い酸素のことで、触れた体内の組織を錆びさせてしまいます。血管が活性酸素によって錆びてしまうと動脈硬化、細胞内のDNAが錆びてしまうとガンになってしまいます。活性酸素の発生原因はストレスや喫煙,飲酒,電磁波,紫外線,食品添加物を食べたとき,排気ガスなどさまざまです。

健康を害する根本的な原因とも言える活性酸素を消去する物質を抗酸化物質と言います。代表的な抗酸化物質はビタミンA,ビタミンC,ビタミンEの他、リコピンやアスタキサンチン,カテキン,ポリフェノールなどです。活性酸素が発生したときに体内に充分な抗酸化物質が存在しないと、体内の至る所が錆び付いてしまいます。リコピンは脂溶性なので主に細胞膜に存在し、細胞が活性酸素に攻撃されるのを防いでいます。

②リコピンと美肌

またリコピンの美肌効果も最近注目されていますが、これもリコピンの持つ抗酸化力からきています。紫外線が肌に当たると活性酸素が発生し、シミやシワ,たるみの原因になります。またリコピンはシミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。リコピンの美肌,美白効果は抗酸化とチロシナーゼ抑制の2つの働きからくるそうです。




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE