CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】納豆チャーハンを美味しく食べて女性ホルモンUP!

北海道のあちこちで開花宣言された桜もいよいよ終盤のようです。約二ヶ月かけて桜が日本列島を縦断するなんてステキなことですね。以前東京に住む親友がゴールデンウイークに北海道に遊びに来た時に、満開の桜に今年は二回お花見ができたと大喜びをしていたのを思い出します。
本州では緑が濃くなって初夏の気候でしよぅか?今日は畑の牛肉と言われる大豆製品の中でも消化の良い納豆と、カルシウムたっぷりのじゃこを使ったとってもおいしくて、かんたんにできる納豆チャーハンをご紹介しましょう。

納豆チャーハン

材料と分量(1人分)
ひきわり納豆 1パック
ちりめんじゃこ 20g
かつおぶし 1パック(3g)
長ねぎ(青い部分)  3㎝
ごま油 小さじ2
だし醤油 大さじ1
ご飯 1膳
作り方
1.ネギは小口切りにしておく
2.フライパンにごま油とちりめんじゃこを入れて弱火にかける。油も、じゃこもフツフツしてきたら熱々のご飯、引き割り納豆を入れて炒め合わせる
3.だし醤油を回しいれ、最後にかつお節と長ネギを入れてさっくり混ぜ合わす

誰が知ってる有力食品納豆の魅力

大豆は良質のたんぱく質、脂質、炭水化物の他、鉄などのミネラル、食物繊維も豊富な食品です。
女性ホルモンに似た働きのあるイソフラボンを多く含み、更年期障害などの改善に効果があるのは最近、多くのところで言われるようになりました。
そんな優れた大豆を納豆菌によって発酵させた納豆は、消化が良い上、ナットウキナーゼと言う酵素の一種がプラスされ、血液をサラサラに保つよう働きます。
血行不良による冷えや肩こりを和らげ、美肌効果も大いに期待できるそうです。
夜、眠っている時は血液が固まりやすいので、納豆は夜に食べる方が血液サラサラ状態を保つのには有効のようです。




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。