CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

お土産にもおすすめな食材“金針菜”と“はまぐりのスープの素”を使った鉄分たっぷり薬膳スープ (レシピ有り)

130 views
kinshi1

「金針菜(きんしんさい)」という食材をご存知ですか?
中華料理では炒め物やスープなどに使用する割とポピュラーな食材らしいのですが、わたしは台湾で初めて知りました。

この金針菜、ユリ科の植物「萱草(カンゾウ)」、別名「忘れ草」の花のつぼみを乾燥させたもので、鉄分はほうれん草の約20倍ともいわれています。
貧血予防はもちろん、精神を安定させる効用もあるそうです。

味は全然クセがなく、シャキシャキとした食感が特徴。
台湾では台東が有名な産地で、乾燥した金針菜は年中スーパーで気軽に買うことも出来ますし、金針菜のスープを置いてあるお店も多いです。

わたしは中国語が全然読めなかった頃、屋台でとりあえず適当に頼んでみたスープがこの金針菜の入ったスープでした。
美しい色鮮やかな見た目と食感が気に入って、以後、メニューにあれば注文するお気に入りの一品です。

それと台湾に行ったら必ず買ってくるものにスープの素があります。
中でも蛤のスープの素がお気に入りで台所にはストックが必ずあります。今回はこの二つを使った簡単なスープを作りましたので、レシピをご紹介します。

大好きな金針菜をたっぷりと入れました。お土産にもおすすめな食材なので、ぜひご自宅でも気軽に台湾の雰囲気を楽しんでみてください。

金針菜の薬膳スープ

材料と分量

金針菜…軽くひとつかみ
えのき茸…1/2袋
すりおろし生姜…小さじ1
クコの実…適量
スープの素(はまぐり)…1ヶ
水…2カップ
酒…大さじ1
醤油…大さじ1/2
塩…少々
ごま油…小さじ1

作り方

準備
金針菜は洗った後40℃のお湯に約10分浸し戻しておく

  1. 鍋にお湯を沸かし、スープの素をよく溶かす
  2. 酒、醤油、塩、生姜を入れ味を整える
  3. 戻した金針菜、えのき茸を入れえのき茸に火が通れば完成
  4. 最後にごま油で香りをつける
  5. 器に盛り、クコの実を散らす

スープの素はコンソメ、中華だしなどでももちろん代用可能です。
水溶き片栗粉でとろみをつけるのもおすすめです。

kinshicollage2

(左上から時計回りに)

  • 乾燥した状態の金針菜と今回使用したスープの素
  • 「康寶」はクノールのこと。手前から海鮮、きのこ、チキンのスープの素。おすすめ
  • 屋台で飲んだ金針菜のスープ。鶏肉、豚肉などと合わせたスープが多いです
  • 左から5番目の「金針雞湯(ジンジェンジータン)」がこのスープの名前です




Author's Profile

トラベルライター&台湾ブロガーコバシイケ子
2011年にはじめて台湾を訪れてから、懐かしさと新しさが入り混じる独特の雰囲気、ゆるさ、旅行だけでは食べつくせない幅広い食のバリエーション、薬膳をはじめとした食文化に魅せられ頻繁に通いはじめる。

2016年、ブログ「TAIWAN IKEKO」を開設。

現在ameba公式トップブロガーとして日々台湾情報を発信中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。