足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】かぶの友禅あんかけで喉に潤いを!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木枯らしが吹く季節になってきました。ほっこら、ぬくぬくと言う言葉がやたら目につく毎日です。
冷えた体に「ほっこら」と煮含めた秋のかぶに、色とりどりの?くずあんをかけた一椀をご紹介しましょう。

かぶの友禅あんかけ

材料と分量(2人分)
白かぶ 2個
むき海老 60g
春菊 3本
(くずあん)
だし 1カップ
小匙1/3
醤油 小匙1/2
みりん 小匙1/2
片栗粉 小匙1+水小匙2
作り方
1.かぶは皮をむいてひたひたのだし汁で煮る。この時、かぶを柔らかくし過ぎないように。くしがさっと入るくらい。
2.鍋にくずあんの片栗粉をのぞいた材料を入れ、煮立ったらむき海老を入れて一煮立ちさせ、水溶き片栗粉を加えとろみをつける。
3.②に細かく切った春菊をパッと放して、①のかぶにかける。

かぶにはアミラーゼ、春菊にはビタミン、カルシウムなどの栄養素がたっぷり!

かぶは消化酵素であるアミラーゼを多く含み、整腸作用に優れた食材です。胸や腹部の冷えからくる痛みを緩和する働きがあり、消化不良や便秘の人におすすめです。

又、かぶには解毒・消炎作用があり、しもやけ・あかぎれ・はれを伴うできものの外用薬にもなります。
 
みかん、りんごなど果物を加えて、ジュースにして飲むと、吹き出物・腫れ物にも効果があります。
おろしてしぼった汁は、声がれを治す効果があります。のどの炎症・渇きをいやし、咳をとめる作用もあります。

春菊にはビタミンB2、ビタミン、カルシウム、鉄分など多くの栄養素が含まれていますが、特にβカロチンが多く含まれていることは注目です。

βカロチンはタンポポのような香りにあるものにたくさん含まれている物質で強い抗癌作用がありますが、この物質が含まれている野菜は少ないのです。

熱に弱い栄養素なので火を通し過ぎないように。また、春菊には100gで1日に必要な量が摂取できるほど、ビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAは夜盲症や視力低下を防ぐのに欠かせない栄養素です。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理家
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 【レシピ】ひじきのサラダで乾燥肌とむくみを改善!
  2. 夏疲れをキムチチャーハンでしゃっきり! 【レシピ】夏疲れをキムチチャーハンでしゃっきり!
  3. 青ジソご飯 【レシピ】青じそご飯で美味しくリラックス
  4. 【レシピ】夏の疲労を美味しく回復!豆腐ステーキのきのこソースのせ…
  5. 【レシピ】風邪予防&美肌効果にれんこんのはさみ焼き
  6. 【レシピ】じゃが芋のグラタンで体中に栄養を運ぼう!
  7. 【レシピ】美肌効果抜群!今が旬!おいしいかきご飯
  8. 【レシピ】体に優しくダイエットにもぴったり!鶏粥

New!!

  1. あっという間に理想の一汁三菜が完成!野菜の揚げ浸しで平日晩ごはん
  2. 【プレゼント】『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
  3. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” 高山奈保美さん(同)アンジェロ代表
  4. 【プレゼント】『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前イベント試写会 】『泣き虫しょったんの奇跡』
  5. 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~ 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~
  6. ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク
  7. パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス) パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)
  8. 夏の“足のつり”はアロママッサージで解消しよう!
  9. 野菜の素揚げのせ冷やしうどんと豚の竜田揚げでパワフル週末ごはん 暑い夏を乗り切る休日ごはんの献立
  10. 【プレゼント】『寝ても覚めても』トークショー付試写会 『寝ても覚めても』
七音の幸せになる数秘術占い 8月の運勢

Present & Event

  1. 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
PAGE TOP