足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】秋のかき揚げで夏バテの疲れた体を回復!

1

9月に入りました・・・まだまだ厳しい残暑が続きそうですね。
夏バテの疲れた体に今回は一足お先に秋を感じる素材を使ってみました。

秋のかき揚げ

材料と分量(2人分)
とうもろこし 1本
茄子 1個
枝豆 むいて1/2カップ
南瓜 30g
長葱 10g
天ぷら粉 1カップ
1カップ弱
作り方 
1.生のトウモロコシはしごいてはずし、茄子は小さいいちょう切り、長葱は小口切り、南瓜も小さく角切り、枝豆は茹でた物をさやから出しておく。
2.天ぷら粉を少し固めにといて、材料を全部入れて良く混ぜる。
3.食べやすい大きさにして揚げる。

Point 失敗しないかき揚げの揚げ方

疲労を回復させる南瓜、血のめぐりを良くする枝豆

夏の本当に暑い時より少し涼しくなって来た頃に夏バテはでてきます。
暑さの恐ろしいところは、体力・体液が消耗し血液がドロドロしてくることにあります。

その結果、熱中症や心臓疾患などを起こしやすくなるわけです。
まだまだ残暑の厳しい今、体力をつけて夏場の疲労を早めに回復させましょう。

今日は血液サラサラ効果のあるリノール酸を豊富に含むとうもろこし、熱を冷まし、水分を補充する茄子、茄子はこの他にポリフェノールの一種であるナスニンという成分が抗ガン化作用があり、その値は他の野菜より高いとの研究結果が報告されています。

同じく抗酸化作用のあるべーターカロチンをはじめ様々なビタミンを豊富に含んで疲労を回復させる南瓜、血のめぐりを良くする枝豆、長葱・・・秋の美味しい素材を組ませてかき揚げにしてみました。

足立さんのオススメ

天つゆではなくお塩をかけていただくとさっぱりと素材のお味が引き立ちます。
天ぷらの衣は天ぷら粉を使うと便利でしょう。

ちなみに私のおすすめは「日清コツのいらない天ぷら粉―揚げ上手」です。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理家
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 【レシピ】女子力UPの救世主!雑穀ライスサラダで梅雨を吹き飛ばせ…
  2. 【レシピ】冷やし汁粉で美味しく夏の疲れとり!
  3. 【レシピ】夏バテの疲れた体を回復“ きのこカレー”
  4. マグロのソテー 【レシピ】和ハーブたっぷりのマグロのソテー
  5. 【レシピ】胡瓜ときくらげのスープでむくみを改善!
  6. 【レシピ】納豆チャーハンを美味しく食べて女性ホルモンUP!
  7. 青ジソご飯 【レシピ】青じそご飯で美味しくリラックス
  8. 【レシピ】気管支スッキリ!大根とくこの実のサラダ

New!!

  1. 【ネイル】春が待ち遠しいスノーフラワーネイル
  2. 【編集長日記】暮らしの中のこだわりと大切にしたいもの
  3. 【チャイレシピ】No.59 バター茶 【チャイレシピ】No.59 バター茶
  4. 【レシピ】鶏肉と白菜の具沢山スープ鍋で体の芯から温めよう! 【レシピ】鶏肉と白菜と○○のスープ鍋で体の芯から温めよう!
  5. 【ワークスタイル】ガーナでの生活と闘病経験から、ブランドを生み出す 大山知春さん(VIVIA JAPAN株式会社代表取締役) 【ワークスタイル】ガーナでの生活と闘病経験から、ブランドを生み出す 大山知春さん(VIVIA JAPAN株式会社代表取締役)
  6. 会社帰りに2時間でパリ!?「ファーストエアラインズ」で夢の旅行体験を 会社帰りに2時間でパリ!?「ファーストエアラインズ」で夢の旅行体験を
  7. 2018年のバレンタインは本命チョコ?義理チョコ?ご褒美チョコ!!
  8. 【チャイレシピ】No.58 チョコ・スターアニスチャイ 【チャイレシピ】No.58 チョコ・スターアニスチャイ
  9. 冷えないからだ作りにおすすめの「乾燥生姜」 冷えないからだ作りにおすすめの「乾燥生姜」
  10. 『去年の冬、きみと別れ』一般試写会ご招待 『去年の冬、きみと別れ』一般試写会ご招待

Present & Event

  1. 『羊の木』オリジナル付箋
  2. 『去年の冬、きみと別れ』一般試写会ご招待
PAGE TOP