足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】秋のかき揚げで夏バテの疲れた体を回復!

1

9月に入りました・・・まだまだ厳しい残暑が続きそうですね。
夏バテの疲れた体に今回は一足お先に秋を感じる素材を使ってみました。

秋のかき揚げ

材料と分量(2人分)
とうもろこし 1本
茄子 1個
枝豆 むいて1/2カップ
南瓜 30g
長葱 10g
天ぷら粉 1カップ
1カップ弱
作り方 
1.生のトウモロコシはしごいてはずし、茄子は小さいいちょう切り、長葱は小口切り、南瓜も小さく角切り、枝豆は茹でた物をさやから出しておく。
2.天ぷら粉を少し固めにといて、材料を全部入れて良く混ぜる。
3.食べやすい大きさにして揚げる。

Point 失敗しないかき揚げの揚げ方

疲労を回復させる南瓜、血のめぐりを良くする枝豆

夏の本当に暑い時より少し涼しくなって来た頃に夏バテはでてきます。
暑さの恐ろしいところは、体力・体液が消耗し血液がドロドロしてくることにあります。

その結果、熱中症や心臓疾患などを起こしやすくなるわけです。
まだまだ残暑の厳しい今、体力をつけて夏場の疲労を早めに回復させましょう。

今日は血液サラサラ効果のあるリノール酸を豊富に含むとうもろこし、熱を冷まし、水分を補充する茄子、茄子はこの他にポリフェノールの一種であるナスニンという成分が抗ガン化作用があり、その値は他の野菜より高いとの研究結果が報告されています。

同じく抗酸化作用のあるべーターカロチンをはじめ様々なビタミンを豊富に含んで疲労を回復させる南瓜、血のめぐりを良くする枝豆、長葱・・・秋の美味しい素材を組ませてかき揚げにしてみました。

足立さんのオススメ

天つゆではなくお塩をかけていただくとさっぱりと素材のお味が引き立ちます。
天ぷらの衣は天ぷら粉を使うと便利でしょう。

ちなみに私のおすすめは「日清コツのいらない天ぷら粉―揚げ上手」です。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理家
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 【レシピ】鰻玉丼で梅雨のだるさ&むくみをおいしくスッキリ!
  2. 【レシピ】便秘や肌荒れの解消!白菜たっぷりキムチ汁
  3. わさび菜のわさび和え 【レシピ】ピリリ!風邪予防にわさび菜のわさび和え
  4. たぬき汁 【レシピ】たぬき汁で腸内スッキリ!デトックス
  5. 【レシピ】大人女子に嬉しいことだらけ!れんこんたっぷりの味噌つく…
  6. 【レシピ】実はパワーフード!豆苗ともやしときくらげの炒め物
  7. 【レシピ】今が旬!鱈の三平汁でカラダにやさしく
  8. 【レシピ】美肌+αの効果抜群!コラーゲンたっぷり鶏手羽スープ

New!!

  1. あっという間に理想の一汁三菜が完成!野菜の揚げ浸しで平日晩ごはん
  2. 【プレゼント】『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
  3. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” 高山奈保美さん(同)アンジェロ代表
  4. 【プレゼント】『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前イベント試写会 】『泣き虫しょったんの奇跡』
  5. 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~ 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~
  6. ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク
  7. パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス) パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)
  8. 夏の“足のつり”はアロママッサージで解消しよう!
  9. 野菜の素揚げのせ冷やしうどんと豚の竜田揚げでパワフル週末ごはん 暑い夏を乗り切る休日ごはんの献立
  10. 【プレゼント】『寝ても覚めても』トークショー付試写会 『寝ても覚めても』

Present & Event

  1. 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
PAGE TOP