ユキリンの自然美ガイド

ボタニカルフレグランスでピュアセクシー Part3

ボタニカルフレグランスでピュアセクシー Part3

美容ジャーナリスト・ユキリンです。
あまり普段香水をつけないという方にも、ぜひ香り楽しんでいただけたらと、不定期で特集しておりますボタニカルフレグランス。
香水全盛期から、ノンフレグランスの傾向を強めた時代を経て、近年ふたたび「香りの文化」を楽しむ人が増えて参りました。昔は「皆がつけているあの香り!」というトレンドの方向でしたが、最近は「人とかぶりにくい特別感」が香り探しの必須ワードとなりつつあります。

特別感を出しやすいのは、日々時間帯で香りをコーディネートすること。朝の目覚め、ランチ後のリフレッシュ、ディナーのためのお出かけ前、就寝前の眠りの一噴き…。時間にあわせて「今、この香りが心地いい!」と思う香りを取り入れていきましょう。
肌に纏うだけでなく、例えばストールにつけたり、絨毯にスプレーをしたり、本のしおりにつけたり、バッグの底にスプレーしたり…肌に纏うだけが香りではありません。いろんな香りの纏い方がありますよね。但し、お出かけ前に選ぶ香りは、必ず服をお召しになる前に肌へ乗せるのが鉄則です。

ボタニカルフレグランスは生活になじみやすい香りが多いのが特徴。気になる香りが見つかりますように!

一日のはじまりと夕べに

■bamford
「ボディスプラッシュ ワン モーニング」(245mL / ¥18,000+税)
「ボディスプラッシュ ワン イブニング」(245mL / ¥18,000+税)

一日のはじまりと夕べに

英国のラグジュアリー プレミアム オーガニックブランドのバンフォード。創始者レディ バンフォードが自然の恵み豊かなコッツウォルズで、散歩からイメージした香りをもとに誕生した2つのフレグランスです。

朝の散歩をイメージした「ワン モーニング」は、ヴァイオレットや百合、ジャスミン、アイリスといった花々が、朝の澄んだそよ風に乗って届く調べのような香り。一日を始める合図として、シャワー後や着替え時に。
夕方の散歩をイメージした「ワン イブニング」は、一日の終わりに向けホッと気持ちをオフにする香り。木々の間から立ち上るスモーキーな薪の煙、家やキャンドルの灯り、ベチバーやシダーやサンダルウッドの温かみが、親しい人の笑顔を思い出させてくれます。ボトルから少しづつ手にとって使ってくださいね。

【お問合せ】
株式会社ピューリティ
Tel:03-5772-2284
http://purity.co.jp/bamford/

ボタニカルなイタリアの風を感じて

■DR.TAFFI
「アクア ディ ボルゲリ フィオーリビアンキ パフューム ホワイトローズ」(80mL / ¥8,265+税)
「アクア ディ ボルゲリ コーラル パフューム」(80mL / ¥11,035+税)
「アクア ディ ボルゲリ ラベンダー オーデコロン」(80mL / ¥7,500+税)

ボタニカルなイタリアの風を感じて

※以下文中では「ホワイトローズ」、「コーラル」、「ラベンダー」と略させていただきます

イタリアのトスカーナ地方ボルゲリご出身のエニオ・タッフィ博士により開発され、トスカーナの有機天然素材を多分に使用したオーガニックコスメブランド。実はフレグランスも種類が充実しています!

ホワイトローズは、白いブライダルブーケを胸元に抱えるようなピュアで澄んだフェミニンな香り。安らぎに満ちており、パートナーへ安心感を与えてくれるはず。コーラルは、地中海の眩い太陽と煌めくサンゴ礁をイメージした香り。朝陽溢れるカフェでボルゲリ産のレモンやオレンジを絞ったフレッシュジュースをいただいたら、ジャスミンやリリーの咲く小路を通り、潮風の香りに誘われながら地中海へ辿り着く…そんな風景が浮かびます。
ラベンダーは、ボルゲリに咲くラベンダー畑から、フレッシュに香るラベンダーを籠いっぱいに摘み取って、ホワイトフローラルやアロマハーブ、バニラをブレンドして生まれた香り。真っ白で柔らかな麻のシーツにスプレーすれば、まるで心から浄化されるような清々しさ。

【お問合せ】
DR.TAFFI
Tel:03-6386-3377(受付時間:10時~17時 土日祝、年末年始を除く)
http://drtaffi.jp.net/

100%を叶えた真のオーガニック香水

■Hiroko.K
「オーガニック エッセンス オブ パフューム Rose MYSELF」(50mL / ¥16,000+税)

100%を叶えた真のオーガニック香水

本物のオーガニック香水とは何か。確かな背景と独自の理論をもとに、近藤Hiroko氏が手掛けるエコサート認証オーガニックパフュームコスメブランドがHiroko.K。原材料は何と100%オーガニック!ムエットで試香するよりも、空気の中に溶け込ませた時、そして何より肌の上で開花します。同ブランドのボディオイルと重ねて香りを纏えば、その人の持つ肌の香りを引き立てるオートクチュールのような仕上がりに。

Rose MYSELFは、日本でHiroko.Kしか手にしていない貴重なローズワックスを使用しているそう。ピンク色のダマスクローズ花畑に魅せられ、その豊かな香りの花びらの山に顔をうずめているうちに、気づけば自分自身もバラになっている…そんなメタモルフォーゼを感じさせてくれます。
水を一滴も含まない本当のパフュームの作り方で蘇るオーガニック香水を、ぜひご自身の肌の上で感じてみてください。

【お問合せ】
Hiroko.K 表参道FLAGSHIP SHOP
03-3478-5551
http://www.hiroko-k.com/

モードで美しいハイクラスパフューム

■オーガニックファーマシー
「オーガニック グラム OG オードパルファム ジャスミン」(100mL / ¥27,000+税)

モードで美しいハイクラスパフューム

ロンドン発のオーガニックコスメブランドより、開発者のハーブ薬剤師マーゴ・マローン氏が3年の歳月を費やし誕生させた、ライフスタイルに自然に溶け合うフレグランス。100%自然由来成分、85%がオーガニック成分となっています。香りの遷移がとてもナチュラルでアップダウンが少ないのが特徴的。しっかりとした強さを感じながらも、優しげに表情を変えていきます。

全5種の中で私が特に気に入っているのが、こちらのジャスミン。月明かりに照らされて歩く、地中海の夜にインスパイアされたフローラルウッディノートです。ラグジュアリーなジャスミンに、イランイラン、ベルガモットが溶け合い、サンダルウッドがじわりと裾野に広がります。スポットライトのように輝かせてくれる華やかな香りは、パーティーシーンや、スペシャルイベント、深まる夜のデートなど、センシュアルに際立つ存在へとクラスアップしてくれるはず。美しく高級感のあるガラスボトルデザインも素敵ですね。

【お問合せ】
株式会社セレンディプス
Tel.0120-874-177(受付時間:10時~18時)
www.theorganicpharmacy.jp

カラフルなハッピーアロマ

■MARiAS
「アロマ フィール ザ カラー」(全10色、各10mL / 各¥2,500+税)

カラフルなハッピーアロマ

25年前にマリア・ピーパー氏が誕生させた、“真に自然と調和した生活を送りたい“という想いを反映したブランド・MARiAS。オーストリアで食品基準のオーガニック認証を取得しています。

カラーエナジースプレー「アロマ フィール ザ カラー」は、様々なエッセンシャルオイルを、それぞれの色の持つ周波数を調和させ、フラワーウォーターとエタノールに溶け込ませたもの。お部屋でナチュラルなルームスプレーやリネンウォーターとして使用します。外出先なら自分のまわりにいい空気を漂わせるような気持ちで1プッシュ。香りだけでなくラベルカラーで選んでも◎。

私は執筆時なら集中力をUPさせるイエロー、打合せ前にはコミュニケーション能力を高めるブルー、月曜はポジティブさを高めるレッド、嫌な事があったらグリーンの森林浴の香りで浄化など、使い分けて楽しんでいます。

【お問合せ】
MARiAS Organic Japan株式会社
Tel:0800-170-2888
http://mariasorganic.jp/

著者プロフィール

YUKIRIN
YUKIRIN美容ジャーナリスト/香りのストーリーテラー
ナチュラルコスメとフレグランスのエキスパートとして、
「香りで選ぶナチュラルスキンケア」や、「香りとメイクのコーディネート」など提案する他、
香りから着想される短篇小説を連載中。

媒体での執筆・連載の他、
化粧品のディレクション、イベントプロデュース、ブランドコンサルティングなど幅広く活動している。

関連記事

  1. 老けも手抜きも回避する”8割ベースメイク”とは? 老けも手抜きも回避する”8割ベースメイク”とは?
  2. 自然派コスメの新作図鑑~2014秋ベースメイク特集
  3. 夏肌レスキュー PART1 ~今、投入すべき美容液~
  4. YUKIRINが選ぶ、2016ナチュラルベストコスメ大賞 YUKIRINが選ぶ、2016ナチュラルベストコスメ大賞②
  5. カラーメイクからはじめるナチュラル夏支度 カラーメイクからはじめるナチュラル夏支度
  6. ユキリンおすすめ☆2014クリスマスコフレ~ヘア&ボディ編
  7. 肌に合わせて洗顔を上手に活用しよう!
  8. やっぱり良質なクリームが欲しい!

New!!

  1. 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を
  2. 【編集長日記】忙しいときほど・・・
  3. 【ワークスタイル】人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集業・ライター) 人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集業・ライター)
  4. 【ネイル】不器用さんでもできる!サンセットグラデーションネイル 【ネイル】不器用さんでもできる!サンセットグラデーションネイル
  5. 資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ『2017真夏のパフェフェア』第2弾スタート! 資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ『2017真夏のパフェフェア』第2弾スタート!
PAGE TOP