CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

夏野菜たっぷりのラタトゥィユで体調のバランスを整えて!

ラタトゥイユ

立秋もすぎたのに、暑いですね。ついつい生野菜(サラダ)にたよりがちですが、こんな時こそたっぷりと野菜をどうぞ!
今日は、夏野菜をたっぷりと使った、かんたんで美味しい “ラタトゥィユ”をご紹介します。

材料と分量(2人分)

ラタトゥイユ材料
  • なす…2本
  • にんじん…40g
  • 生椎茸…2枚
  • 長ねぎ…1本
  • パプリカ(赤)…1/2個
  • ピーマン…1個
  • トマトの水煮缶…小1/2缶
  • にんにく…1/2かけ

(A)

  • 固形スープ …1個
  • オリーブ油……大さじ3
  • 醤油…小さじ1

(B)

  • オレガノ…適宜
  • バジリコ…適宜
  • 塩…適宜
  • こしょう…適宜
  • 砂糖…適宜

作り方

  1. 野菜をそれぞれ切る
    にんにく→みじん切り
    なす→皮をむいて2cmの半月切り
    にんじん→ 皮をむいて5mmのいちょう切り
    生椎茸→四つ切り
    長葱→ 1cm幅のぶつ切り
    パプリカ、ピーマン→ 2cmの角切り
  2. 鍋に大さじ2の油とにんにくを炒める
  3. なすを入れてさらによく炒める
  4. 残りの油を足し、残りの野菜を入れて炒める
  5. トマトの水煮缶、Aの調味料を加えて野菜が柔らかくなるまで煮る
  6. 最後にBの調味料で味を調える
ラタトゥイユ作り方

やっぱり旬のお野菜が一番!

野菜は五臓(肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓)を活性化させ、体調のバランスを整えます。
第1回目のご挨拶に書きましたように野菜ほど旬のはっきりしているものはないでしょう。

旬の野菜はいわゆる「露地物」と言われ、お日様と自然の土の力でハウス栽培の何倍ものおいしさと栄養分があると言われています。
人間の体と土地は切り離せない関係。それが「身土不二」です。

その土地で、その季節に採れたものが健康に一番良いと言う日本の考え方は、この薬膳の考え方にも共通するものです。
暑い時期に採れる夏野菜は体を冷やすものが、反対に冬野菜は体を温める物が多く、このラタトゥィユは夏にぴったりの野菜料理です

玉葱ではなく、長葱を使っているのが“わたし流”です。例えばプレーンオムレツの横に添えたり、冷製パスタのソースにしても美味しくいただけます。

友だち追加
@cherishweb_me でも検索できます

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。

会員数2万人の「全国友の会」において40年来、食の講師をつとめる。現在も苫小牧友の会にて年4回、全国各地にて料理講習会・講演会を行なっている。

NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。近年は「あさイチ」のほか、NHK北海道の「ひるまえナマら!北海道」に定期的に出演。

新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』シリーズは13万部は超え、著書累計は約22万部。
雑誌などへのレシピ提供のほか、商品開発などにも携わっている。

2013年より『暮らしを楽しむメディアCheRish Brun.(チェリッシュブラン)』にて月に2回、2017年より『苫小牧民報』にて月1回連載中。

趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE