CheRish Brun.|チェリッシュブラン

私のごきげんな毎日

フォトジェニック

トムとジェリーとバズカット

黒猫は写真に撮りにくい。

キジトラ長毛種猫ジェリーと黒猫トム

巷でよく言われるセリフ。
確かにそうなのだ。撮りにくさで言ったら間違いなく上位に入る黒猫。

黒猫トム

我が家のトムもまさにそう。

黒猫loverとしては、とにかく写りにこだわる。なんなら必死だ。

キジトラ長毛種猫ジェリー
キジトラ長毛種猫ジェリー

シャッターチャンスはジェリーのほうが断然多い。
撮りやすい上に、ユーモラスなポーズ・表情をしがちなのだ。

トムの場合、こちらがああでもないこうでもないとやっているうちに、
シャッターチャンスを逃すことが多い。
何せ猫は気まぐれ。

黒猫トム

寝顔を撮るときがこれまた大変。
なにせ目を瞑ると真っ黒で、表情がまるでワカラナイ。

人にもよるのかもしれないが。

黒猫トム

わたしは自然光の中で撮るときが、比較的出来がいいと思う写真が多い。
それでも露出の調整や、角度や光の当たり具合等々、色々と考慮する。

そこまでやってこの出来かと言われればそれまでなのだが。

自分比でうまく撮れたと思えたときは、非常に気分が良い。
誰彼構わず見せたくなる。

黒猫トム

写真に撮ったとき、黒猫の艶やかさはダントツで美しい。
だからこそなんとかうまく撮りたいと躍起になるのだ。

黒猫だって映えるのだ。

それを実証したいがため、日々奮闘は続く。

To be contimew.

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Evernote
Feedly
Send to LINE