CheRish Brun.|チェリッシュブラン

私のごきげんな毎日

ご自愛タイムに使いたい“マツキヨ”プライベートブランドおすすめアイテム

BEAUTY&HEALTH

お馴染みのドラッグストア「マツキヨ」で、目につくのが、数々のプライベートブランドアイテム
気にはなるものの、何を使ったら良いのか悩んでしまうほどのアイテム数。

そこで、「マツキヨ」の廣井さんに、CheRish Brun.世代におすすめの、「マツキヨ」プライベートブランドアイテムをピックアップしてもらい、CheRish Brun.編集部が実際に使ってみました。

手放せなくなった「ザ・レチノタイム リンクルパワーセラム」

THE RETINOTIME(ザ・レチノタイム)
ザ・レチノタイム リンクルパワーセラム(医薬部外品)
30g ¥7,700
アバター
マツキヨ
廣井さん
ザ・レチノタイム リンクルパワーセラムは、シワを改善する効果が認められた有効成分ナイアシンアミドを配合したクリーム状美容液。
気になる箇所にピタッととどまるテクスチャーがおすすめポイントです。
THE RETINOTIME(ザ・レチノタイム)
アバター
CheRish Brun.編集部
今回ご紹介いただいたアイテムの中で、順位をつけるとしたら「ザ・レチノタイム リンクルパワーセラム」を1位に選ばせていただきます!
なんと言っても、つけ心地の良さにやられてしまいました。
こっくりとしたクリーム状なので、効いて欲しいところにダイレクトに塗れるのがとてもうれしい。
正直、使用前は、どのくらいの効果なんだろう……と思っていましたが、使ってびっくり!
使用開始1週間後くらいから、少しずつピーンとしたハリを感じられるように。
目の下、ほうれい線と、特に気になる部分には、追加で塗っています。
ベタつきがないので、朝のスキンケアにも取り入れられるのがうれしいです。

スルッと落ちる「matsukiyo クレンジングバーム」

matsukiyo クレンジングバーム
matsukiyo クレンジングバーム
95g ¥1,848
アバター
マツキヨ
廣井さん
マスク落ちを防ぐ、しっかりメイクもするっと落とすたのもしい洗浄力と、Wの保湿成分で乾燥を防ぎ、しっとり肌へ導いてくれます。
matsukiyo クレンジングバーム
アバター
CheRish Brun.
編集部
このクレンジングバームすごいです!
保湿成分である、コメ発酵液酒粕エキスがWで入っていることで、乾燥を防ぎながらもしっかりとメイクを落としてくれます。
クレンジングバームは洗浄力が強いため、しっかり汚れは落としてくれるものの、どうしても乾燥しがちなものが多いのが悩み。
matsukiyo クレンジングバーム」は、ザラつきも残さず、しっかり汚れを落としながらも、洗い上がりしっとりのお肌に。
スッキリとしたゼラニウム&オレンジの香りも、メイクオフタイムを癒してくれます。

美容成分たっぷり「matsukiyo ヒルメナイド薬用ボディミルクローション」

matsukiyo ヒルメナイド薬用ボディミルクローション(医薬部外品)
matsukiyo ヒルメナイド薬用ボディミルクローション(医薬部外品)
300ml ¥2,178
アバター
マツキヨ
廣井さん
ヘパリン類似物質に加え、肌荒れ防止成分など、肌に嬉しい成分を配合したプレミアムなボディミルク。
高い保湿力を持ちつつ、さらっとなじむので、これからの時期にもおすすめ。
matsukiyo ヒルメナイド薬用ボディミルクローション(医薬部外品)
アバター
CheRish Brun.
編集部
実はボディケアアイテムが苦手な私。
体がベタベタしてしまうことに、異様に拒否感を持ってしまうのです。
matsukiyo ヒルメナイド薬用ボディミルクローション」は、ボディーミルクローションの名前のごとく、サラッとしたつけ心地。
それでいて、驚くほどしっかりと保湿してくれるので、翌朝は体がしっとりと潤っている感じ。
大容量でポンプ式なのが、とっても使いやすかったです。
これから、乾燥のシーズンには欠かせないアイテムです。

毎日使いたい「matsukiyo フェイシャルマスク ハリ弾力タイプ」

matsukiyo フェイシャルマスク ハリ弾力タイプ
matsukiyo フェイシャルマスク ハリ弾力タイプ
10枚 ¥547
アバター
マツキヨ
廣井さん
1枚で化粧水、美容液、乳液の3役を賄いつつ肌を引き締めてくれる美容マスクです。
オーガニックコットン配合のシートで、お肌へのあたりが柔らかいのがポイントです。
アバター
CheRish Brun.
編集部
今回ご紹介いただいたものの中で、何度もリピート買いしているほど、お気に入りになってしまった「matsukiyo フェイシャルマスク ハリ弾力タイプ」。
今までもオールインワンのシートマスクは、使ったことがあったんですが、若干物足りなさを感じることも少なくはなかったんです。
「matsukiyo フェイシャルマスク ハリ弾力タイプ」は、スキンケアとして、全く物足りなさを感じさせない使い心地。
ここ最近は、仕事が立て込んでいて、帰宅後、メイクは落としたものの、ゆっくりスキンケアをする気力がない……という時にも大活躍中。
シートマスクの厚みがしっかりしていること、オーガニックコットンが使用されてる点も高ポイントです。

ゆらぎ肌には「RECiPEO(レシピオ)シリーズ」

RECiPEO
モイストローションM(さらっとしっとりタイプ) ¥2,090
モイストエマルジョン ¥2,090
モイストクリーム ¥2,200

アバター
マツキヨ
廣井さん
アミノ酸、セラミド、ヒアルロン酸の3つの保湿成分を一気に補給できる高保湿・低刺激処方のスキンケア。
コロナ禍で増えた、自覚なき敏感肌=隠れ敏感肌の方にもおすすめです。
アバター
CheRish Brun.
編集部
敏感肌ではないけれど、季節の変わり目や体調不良の時は、どうしてもお肌がゆらいでしまいます。
そんな時におすすめなのが、RECiPEO(レシピオ)シリーズ
特にお気に入りだったのが、モイストローションM(さらっとしっとりタイプ)、モイストエマルジョン、モイストクリームの3点。
3点ともサラッとしたつけ心地なのに、しっかりと保湿してくれる強い味方。
お肌がゆらいでいる時は、いつもよりもベタつきが気になり、ついつい敏感になってしまう私も、とても心地よく使用できました。
花粉症の季節などには積極的に取り入れたいスキンケアシリーズです。

痒いところに手が届く“マツキヨ プライベートブランド”

マツキヨプライベートブランドアイテム

ドラッグストアをはじめ、コンビニ、スーパーでも最近よく見かけるプライベートブランドアイテム。
リーズナブルな価格がうれしい反面、リーズナブルだからこそ、「品質的にどうなんだろう……」と、手に取ることを躊躇してしまうなんて声もチラホラ。

今回、マツキヨのプライベートブランドを使用してみて思ったのは、どれもが「痒いところに手が届くアイテム」でした。

私たちの身近な存在のドラッグストアだからこそ作り出せる、コスパも良く、高い効果も感じられる、マツキヨプライベートブランドアイテム。

ぜひ、ご自愛タイムのお供にいかがですか。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Evernote
Feedly
Send to LINE