CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

5月はスズランを飾ろう

スズラン

いよいよ「令和」が始まりました。どんな時代になるのでしょう。

さて先月からスタートした「おうちにお花を飾る」。
1本から数本でも、季節のお花をシンプルに飾れるアイデアをお伝えしています。

季節のお花“スズラン”を飾る

暦はいつのまにか「立夏」を迎える頃となりました。お花もすっかり春から夏の装い移ってきました。
今月は季節のお花“スズラン”を飾ってみましょう。

スズラン

2本のお花でアレンジしてみる

先月はお花を1本飾ってみましたが、今月はお花を2本使ってのアレンジです。

今回、スズランと一緒に飾る花は“ミヤコワスレ”。凛とした佇まいが美しいお花です。

空き缶に活けられたミヤコワスレ

まず、ミヤコワスレを花器の高さと花の長さを同寸(同じ比率)にして活けます。
先月の「1本でお花を飾る」の基本ポイントですね。先月の記事はこちらをご覧ください。

次にスズランを活けます。
複数のお花を飾る時は「高低差をつける」がポイントです。

スズランをミヤコワスレより少し短めに活けます。

花瓶活けられたズズランとミヤコワスレ

スズランにはミヤコワスレよりも大きな葉っぱがついています。一方でミヤコワスレはスッとした線のあるお花です。
そんな特徴から、ミヤコワスレを高く活けた方がバランスよく見えます。

花瓶活けられたズズランとミヤコワスレ

いかがですか?2本のお花でもお家の中がパッと華やかになりますよ。

今回、花器に使ったのは紅茶の空き缶です。花瓶がないからと難しく考えるのではなく、空き缶や空き瓶などを利用して気軽にお花を飾ってみてくださいね。

スズランだけを飾ってみる

もちろん、スズランだけを飾ってみてもとてもかわいらしいです。

グラスに飾ったスズラン

お気に入りのグラスにスズランを2本活けてみました。

たくさん飾ったスズラン

口が広い花器にスズランだけをたくさん活けてみました。

飾る本数によってお花が持つ印象がガラっと変わりますよね。
どのスズランの活け方がお好みですか?
ぜひ、お気に入りの活け方を見つけて、今月は季節のお花“スズラン”を飾ってみまてください。

5月1日はスズランの日

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今日5月1日はフランスが発祥の「スズランの日」。
友人や家族など愛する人に贈る習慣があり、贈られた人には幸福が訪れると言われてます。
スズランの花言葉「再び幸せが訪れる」はそこから付けられたとも言われているようです。

相手の幸せを願って花を贈る……素敵な習慣ですね。

Living with Flower

ようこそ、ボンボニエールの世界へ —皇室からのかわいい贈りもの—

色々な展覧会やお花を見に行くことが私の愉しみの1つです。
そして、お花を活ける等お仕事でも、とても刺激や栄養を与えていただく大切な出来事であり、大好きなことの一つです。

先日ミキモト本店で開催中の「ようこそ、ボンボニエールの世界へ —皇室からのかわいい贈りもの—」へ伺って来ました。
まさに今が旬のイベントではないでしょうか。
とても美しかったです。

5月10日までの開催ですので、ぜひオススメですよ。

ようこそ、ボンボニエールの世界へ —皇室からのかわいい贈りもの—

「ようこそ、ボンボニエールの世界へ —皇室からのかわいい贈りもの—」
イベントの詳細はちら

春期講座のご案内

「小林亮子のフラワーアレンジメント講座」
ラグジュアリーな生花を使うことで定評のある講師が、初夏が待ち遠しい季節の中、バラやハーブをかわいいバスケットに入れたフラワーアレンジを楽しみます。

バスケットを使ったフラワーアレンジ

日時:5月30日(木)午後2時〜4時
受講料:10,000円(花材費・バスケット代・小さなお菓子とお茶付き代含む)
お持ち物:花ばさみ・筆記用具
*写真はイメージです。

松屋友の会が提供するレッスン講座
クラブMG カルチャースクール
お申し込み・お問い合わせ フリーコール 0120-001-550
承り時間:午前10時〜午後7時30分

素敵にご紹介いただいています!
最近は、このレッスンに合わせて、素敵な色々なバスケットを充実させています。
皆様にお目にかかれることを楽しみにしております。

その他のレッスン
*F.L.ライトの建物で花を活ける「Décoration Florale―デコラシオンフローラル【芸術文化】
*“花”ある暮らし「亮子さんのフラワーレッスン」
http://ryoko-kobayashi.jp/lesson.html




Author's Profile

Bouquets Ryokoフラワーデザイナー小林亮子(Ryoko KOBAYASHI)
フランク・ロイド・ライト氏が設計した自由学園明日館をはじめ、銀座松屋、都内のこどもの教室などで現在3才〜80才くらいの生徒さんにレッスンを開催しています。
そのほか オートクチュールのウェディングブーケと装花、イベントの装花、プレゼントのオーダーアレンジメントなど幅広く活動中。
季節ごとの美しい花とともに、花のある豊かで洗練されたライフシーンの提案を行っています。

重要文化財自由学園明日館 公開講座
*“花”ある暮らし「亮子さんのフラワーレッスン」
*F.L.ライトの建物で花を活ける「Décoration Florale―デコラシオンフローラル【芸術文化】
松屋銀座カルチャースクール 講座
JIYUアフタースクール *「お花のこよみ教室」(こどものお花とこよみの教室です) など

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE