CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レポート】格之進KABCOで味わう熟成トリオ+ハンバーグ!第2回CheRish meat 肉おじさん

22 views

2019年CheRishが贈る「CheRish meat 肉おじさん by格之進」。
東京で話題の熟成肉専門店「格之進」で、毎月1回おいしい熟成肉をいろいろな食べ方で味わうスペシャルイベントです。

格之進KABCO

熟成トリオとハンバーグを堪能

2月の「CheRish meat 肉おじさん by格之進」は六本木一丁目駅から徒歩3分「格之進KABCO」にて参加2月2日に開催。7名の方にご参加いただきました。

バレンタインデーが近いこともあり“Happy Valentine(熟成肉・チーズ・ワイン・ハンバーグ💕)”をテーマにお届けしました。

超贅沢なメニュー

・本日の3点アペリティフ
・かきにく
・カマンベール牛カツ
・金格オープンバーガー
 ブルーチーズソース、トリュフソース
・サラダ ラペ
・チーズを纏った肉塊
・TKG〜KABCO〜
・デザート

熟成肉、チーズ、ワインの熟成トリオに加え、格之進で大人気のハンバーグをさらに美味しく味わっていただくためのスペシャルメニューを「CheRish meat 肉おじさん by格之進」のためにご用意いただきました。
今回のドリンクはペアリング。お料理に合わせて最適なワインを出していただきました。

こんな贅沢いいんですか?

それでは、お料理の紹介です。

格之進KABCO3点アペリティフ

最初に出てきたのは、本日の3点アペリティフ。
全てに美味しさがギュっと凝縮されていて、これを食べただけで、次に出てくるお料理への期待感が……

格之進KABCOかくにく

次に出てきたのはKABCOの看板メニューの1つでもある「かきにく」です。
殻付きのまま蒸し焼きにした牡蠣にローストビーフのお布団が。一口でパクっといくのがオススメです。
まさにサーフ&ターフ!牡蠣の旨味と熟成肉の旨味が口の中で融合します。

格之進KABCOカマンベール牛カツ

サクッとした衣の中から顔をのぞかせるのはカマンベールチーズと柔らかい熟成肉。食べ終わってもまだ余韻残る1品でした。

こちらは格之進の人気の金閣ハンバーグを使ったオープンバーガー。ブルーチーズソースとトリュフソースの2つのソースが贅沢な1品です。
一口食べるとジュワーっと広がる肉汁の旨味に感動。思わず参加者全員が「美味しすぎる!」と。
バンズも外はサクッと中はしっとりとても美味しかったです。

格之進KABCOサラダラペ

お肉が続き、ここであっさりとしたサラダが登場。薄切りのお野菜たちは大人女子の心をくすぐります。
ただ、くすぐったのは見た目だけではありません。
どのお野菜も味がしっかりしていて美味しい!
格之進、全店に共通して言えるのですが熟成肉だけではなく、使っている全ての素材にこだわりがあります。

格之進KABCOチーズを纏った塊焼

贅沢にチーズを纏った熟成肉の塊焼き。スッと切ると中は美しい赤身の熟成肉が。私はどうしても、切った写真を撮らなかったのでしょう……ワインとの最高のマッチングです。

格之進KABCO卵ごはん

そして、こちら。こんな贅沢許されるんでしょうか……と思ってしまうほどのTKG。そう!卵ごはんです。
卵ごはんの味付けには人気の牛醤が使われています。見ての通り、贅沢にトッピングされたローストビーフといくら。それだけではなく、なんと中からウニが「こんにちは!」。これには驚いてしまいました。
再度言いますが、なんて贅沢なTKGなんでしょう!

最後のデザートまでしっかり堪能。さっくりとした薄いクッキーにさっぱりとしたソルベ。熟成肉の余韻を残しつつ、贅沢なコースを締めくくりにふさわしい一皿でした。

今回の「CheRish meat 肉おじさん by格之進」は美味しい熟成肉とワインを堪能するステキな会になりました。

やっぱり魅力は肉おじさんの肉談義

格之進KABCOにて肉おじさんの肉談義

「CheRish meat 肉おじさん by格之進」の魅力の1つは格之進の千葉祐士社長こと肉おじさんから直接、愛の溢れる肉談義が伺えること。それもこんなに身近に。

肉おじさん、テレビや雑誌でお見かけすることは多いですが、実際に店舗にいらっしゃることはほとんどありません。それもそのはず、本社がある岩手と東京を行き来しながらお仕事をされているのです。

今回も興味深いお話しをたくさん伺うことができました。

  • A5ランクってどういうことか知ってますか?
  • 本当に価値のある牛肉とは?
  • どういうお肉が美味しいお肉でしょう?
  • 格之進の熟成肉「門崎熟成肉」とは?
  • 肉おじさんの地元への思い、そして地方への思い
  • 私たちが今できることは?

私たちが今まで知っていたお肉の常識が覆されます。

格之進KABCOにて肉おじさんの肉談義

不思議に思ったことを質問すると、なんでもお答えていただけるので話題はつきません!

ちなみに「一人で参加しても大丈夫ですか?」との質問をいただくことがあるのですが、大丈夫です!
今回、7人中3名の方はお一人での参加でしたが、写真のように和気藹々としたアットホームな会となっています。

今回、参加いただいたフードライターIさまの感想を掲載させていただきます。

昨夜、大人女子を楽しむウェブマガジン「CheRish」主催の「第2回CheRish meat 肉おじさんby格之進」に初参加させていただきました。格之進代表の肉おじさんを囲んでの贅沢な食事会(しかもお手頃予算で10人限定のプレミアムシート)。門崎熟成肉をKABCOならではのサーフ&ターフ(海のものと山のものを合わせた料理)を堪能しました。
肉割烹の格之進82とはまた全然違うスタイルなんですね。凝固する温度の異なる素材を一緒に調理するのって、言うほど簡単なことではないと思うのですが素晴らしかったです。
お料理もさることながら、肉おじさんのお話も面白すぎた。料理のおいしさって主観でしかないのに、プロはなぜ多くの人においしいって思わせることができるのか、しかも最大公約数を取らずに。とか、普通にレストランに行くだけではなかなか聞けない話のてんこ盛りでした。やっぱり、自分がやるべきことをわかってる方の話って明快で痛快。

フードライター Iさま

「大地の恵み」と「海の恵み」の融合

2月の「CheRish meat 肉おじさん by格之進」の会場となった格之進KABCO。店舗名のKABCO(カブコ)とは、”Kanzaki Aging Beef Crossing Ocean”の頭文字を取って付けられています。

格之進KABCO

お肉と真剣に向き合ってきた格之進が長年研究を重ねてきた、独自製法のブランド熟成肉「門崎熟成肉 -Kanzaki Aging Beef-」の天然アミノ酸と、こだわりの牡蠣を中心とした海の幸の天然アミノ酸との融合によって生み出される、新たな魅惑の領域の料理を発信しているお店です。

実は、KABCOには門崎熟成肉を最も美味しく召し上がっていただきたい!と特注で作られた窯があるんです。他の店舗では味わうことができない、また違った熟成肉の美味しを堪能できます。

話題のサーフ&ターフを楽しめるフレンチレストランKABCOは、記念日や大事な方とのお食事にオススメです。

CheRish meat 肉おじさん by格之進は毎月開催!

いかがでしたか?
「CheRish meat 肉おじさん by格之進」は毎月テーマをかえて開催中!
次回は5月28日(火) 「同一部位の5種カット違いの味わいを体験する会」 をテーマに格之進R+にて開催予定です。
参加者募集は近日中にCheRishにてお知らせいたします。

ブラッシュアップしながらみなさんにさらに満足していただける会にしていくので、皆さまのご参加お待ちしています!

格之進KABCO
住所:東京都港区六本木3-1-25 六本木グランドプラザ3F
電話:03-6277-8229
営業時間:18:00-23:00(L.O.21:00)
営業日:ご予約のみの営業(おひとり様12,000円、12名様から)
https://kakunosh.in/restaurant/kabco.html




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE