CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】疲労回復にいかときゅうりの海鮮炒め

いかときゅうりの海鮮炒め

ようやく新緑の季節になり始めた北海道から、東京に来たら緑も深く夏のような陽気に驚いてしまいました。
そろそろ夏に向かって体の中から、暑さ対策を始めなくては…

今日は夏野菜の代表とも言えるきゅうりと、これからが旬のイカを炒めて使ってみましょう。

この頃のイカの高騰ぶりには函館生まれのわたしにはビックリですが、冷凍イカでも十分おいしくできます。

イカはコレステロールを多く含みますが、血中コレステロールの増加を防ぎ、疲労回復効果のタウリンと言われる、タウリンの含有量が多いのも特徴です。
このタウリンは熱に弱いので、イカはサッと熱を通す程度に調理します。

いかときゅうりの海鮮炒め

いかときゅうりの海鮮炒め

材料と分量(2人分)
イカ(皮をむいたもの) 150g
きゅうり 2本
セロリ 1本
生姜 適宜
顆粒鶏がらスープのもと 小さじ1
大さじ1
塩・こしょう お好みで
サラダ油 大さじ2/3
ごま油 少々
作り方
  1. イカは斜め格子状に切込みを入れて1㎝幅に切り、一口大のそぎ切りにする
    きゅうりは麺棒などで軽くたたいて、食べやすい大きさの乱切りにする
    セロリは筋を取って3~4㎝の長さにして、縦2~3等分に切る
    生姜は千切りにする
  2. フライパンにサラダ油を入れて、きゅうりとセロリ、生姜を入れて軽く炒める
  3. ②に油が回ったら、イカを入れて炒め切込みが開いてきたら鶏ガラスープの素、お酒を入れて味を確認し、塩・こしょうで味を整える
  4. 最後に風味づけにごま油を1・2滴入れて出来上がり

※きくらげを入れて作ってみましたが、こちらもおいしかったです

美味しい日々
講習会のお楽しみ
 
かろうじて細々と続けている苫小牧での講習会も30年目に突入です。
最初の頃は毎月でしたけれど、ここ10年くらいは本当に年に4回がかろうじて。
お台所いっぱいに入る32人が定員です。品数は10品~13品の間をウロウロ。わたしのデモンストレーションを見ていただいて、その後にお食事会に入ると言う仕組みになっています。
デモの準備もさることながら、大変なのはお客様、スタッフ、新聞社の方の食べる食事用意。毎回45食ほど準備します。
下の写真は何だと思いますか?

インスタ映えしますね(笑)と言われましたが、これ、作り過ぎたり、少し多めに作って、くたびれて帰る皆のお家のお夕食になるものです。
1人一列ですが、この一列に何が入っているのか…このお楽しみが元気の源なのです。

プッシュ通知

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。