CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】夏疲れをキムチチャーハンでしゃっきり!

夏疲れをキムチチャーハンでしゃっきり!

今日から9月。北海道では日中は暑いとは言え、どこかに秋の潜んでいるのも感じられる朝夕です。
8月の長雨でしゃつきりしない体調の方…作るのはかんたん、そしておいしい!!
なぜか元気が出てくるような白菜キムチ炒飯はいかがですか?

キムチには5つの効果があるそうです。食品も書き出してみました。

  1. 免疫力を高める  ニンニク・生姜・唐辛子・塩辛
  2. 疲労回復効果   ニンニク・唐辛子
  3. 便秘解消効果   白菜の食物繊維
  4. 美肌効果     白菜・唐辛子
  5. ダイエット効果  唐辛子

言わずと知れた発酵食品ですが、本物のキムチは野菜についている乳酸菌の発酵する力で「キムチ」ができます。日本の「キムチ風のお漬物」も美味しいですけど、キムチの効果効能を100%得たいなら、やはり「本物のキムチ」には敵いません。

キムチチャーハン

材料と分量(2人分)
ご飯 どんぶり2膳分
豚ばら薄切り肉 100g
白菜キムチ 200g
ピーマン 2個
長ねぎ(青いところ) 適宜
鶏がらスープの素 小さじ1
サラダ油 小さじ2
作り方
  1. 豚肉は食べやすい大きさに切っておく。キムチは軽く絞ってこちらも食べやすい大きさに、ピーマンは半分に切って種を出し、繊維に逆らった千切り、長ねぎは小口切りにしておく
  2. フライパンに油をしき(マーブルコート等のフライパンの場合は不要)、豚肉を入れてジックリ炒める。豚肉に火が入り、油が出てきたらご飯を入れて全体に油を回す
  3. ご飯に油が回ったらピーマン、葱、キムチを入れて全体に行き渡るように炒める
  4. 最後に鶏がらスープの素を回し入れ、味を見て出来上がり

美味しい日々
ベリー三昧
「実(み)」で明けて、「実(み)」でくれた夏休みでした。実(じつ)はアクティブとは程遠いわたしなのですが、「実(み)」の魅力で、あちこちと遠出をしてきました。ハスカップ、レッドカ-ラント、ブルーベリーにグーズベリー。ところがこの「実(み)」、中々後始末の作業が細かくて「忍(にん)」と「無(む)」の修行のような数日を送りましたが、この作業…好きです。
相変わらず自分がそれほど食べるわけではないので、道楽の域は越えませんが…

プッシュ通知

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。