足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を

【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を

8月に入ってから熱い日と寒い日の繰り返しですね・・・
北海道ではこの頃から地物のとうもろこしが出始めます。今日はおいしいとうもろこしご飯を紹介しましょう。

野菜のイメージも強いとうもろこしですが、食物の中では穀物に分類されます。
疲労回復に優れた効果があり、消化吸収が非常に良いので、夏バテで食欲がない時や胃腸の調子が悪い時などには、すりつぶしてスープにすると良いでしょう。

夏場に手足や顔がパンパンに腫れてしまうむくみで困ったことはありませんか?このむくみの解消にはカリウムが有効です。利尿作用をたかめ、腎臓病、冷え性などに効くと言われています。
おいしいだけではなく優れた食品のとうもろこしを積極的に食べましょう。

とうもろこしご飯

材料と分量(2人分)
2合
とうもろこし(冷凍可) 1本分
コンソメ顆粒 小さじ2
バター 10g
青のり お好みで
作り方
  1. とうもろこしの粒を包丁ではずしておく
  2. 電気釜に研いだお米・水をセットした中にとうもろこし・コンソメ顆粒・バターを入れて炊き込む
  3. 器に盛り付け、お好みで青のりをふりかける

美味しい日々
とうもろこしご飯
忙しい7月でしたけれど、お楽しみもいっぱいあった7月でした。
大きな集まりを終えた日に、この頃のお気に入り……「なだ万茶寮」で打ち上げ。七夕懐石と言うのをいただきました。
七夕をイメージした涼しげなメニュー、和食は目でいただくものだなーとつくづく思いました。
その中のご飯が「とうもろこしご飯」でした。生っぽく、ちょっとくせのあるベーコンにパセリが散らしてありましたが、さっぱり目のメニューの中でこのコクは又、おいしいものでした。
去年の6月に、大阪吹田でいただいたミシュランのお店の「とうもろこしご飯」はバター味だったと思います。
北海道は素材が美味しい分、茹でるだけ、焼くだけと何とも調理の幅が広がらないのですが、ひと手間かけた夏のご飯「とうもろこし」は中々良いと改めて思った次第。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理家
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 【レシピ】2016年も美味しく健康に!揚げ餅のたっぷりお汁
  2. 【レシピ】夏の火照った体を冷すコーヒーゼリー
  3. いかときゅうりの海鮮炒め 【レシピ】疲労回復にいかときゅうりの海鮮炒め
  4. 【レシピ】オイスターチャウダーで冬に備えて免疫力UP
  5. 【レシピ】美人に近づくブロッコリーのミモザサラダ
  6. 【レシピ】気管支スッキリ!大根とくこの実のサラダ
  7. 【レシピ】春の野菜たっぷり和風チョツプドサラダでデトックス! 【レシピ】春の野菜たっぷり和風チョツプドサラダでデトックス!
  8. 【レシピ】美肌+αの効果抜群!コラーゲンたっぷり鶏手羽スープ

New!!

  1. 【プレゼント】『女王陛下のお気に入り』一般試写会
  2. 【セルフネイル】ハッピーをトッピングしてくれるクリアハートネイル
  3. 基本のパウンドケーキを作ってみよう
  4. 寒い冬は“エキナセア”で免疫力アップ&風邪予防
  5. ナチュラルコスメの新色図鑑~2019 SPRING
  6. パリのおすすめホテル Hotel Bienvenue Paris
  7. 【プレゼント】『雪の華』一般試写会
  8. 2019年はミントをぜひ常備しておきましょう!
  9. 【編集長日記】暮らしを大切にすること
  10. 【1月 山羊座の新月】“行動力”と“自分らしさ”が心地よさの鍵

Present & Event

PAGE TOP