CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を

【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を

8月に入ってから熱い日と寒い日の繰り返しですね・・・
北海道ではこの頃から地物のとうもろこしが出始めます。今日はおいしいとうもろこしご飯を紹介しましょう。

野菜のイメージも強いとうもろこしですが、食物の中では穀物に分類されます。
疲労回復に優れた効果があり、消化吸収が非常に良いので、夏バテで食欲がない時や胃腸の調子が悪い時などには、すりつぶしてスープにすると良いでしょう。

夏場に手足や顔がパンパンに腫れてしまうむくみで困ったことはありませんか?このむくみの解消にはカリウムが有効です。利尿作用をたかめ、腎臓病、冷え性などに効くと言われています。
おいしいだけではなく優れた食品のとうもろこしを積極的に食べましょう。

とうもろこしご飯

材料と分量(2人分)
2合
とうもろこし(冷凍可) 1本分
コンソメ顆粒 小さじ2
バター 10g
青のり お好みで
作り方
  1. とうもろこしの粒を包丁ではずしておく
  2. 電気釜に研いだお米・水をセットした中にとうもろこし・コンソメ顆粒・バターを入れて炊き込む
  3. 器に盛り付け、お好みで青のりをふりかける

美味しい日々
とうもろこしご飯
忙しい7月でしたけれど、お楽しみもいっぱいあった7月でした。
大きな集まりを終えた日に、この頃のお気に入り……「なだ万茶寮」で打ち上げ。七夕懐石と言うのをいただきました。
七夕をイメージした涼しげなメニュー、和食は目でいただくものだなーとつくづく思いました。
その中のご飯が「とうもろこしご飯」でした。生っぽく、ちょっとくせのあるベーコンにパセリが散らしてありましたが、さっぱり目のメニューの中でこのコクは又、おいしいものでした。
去年の6月に、大阪吹田でいただいたミシュランのお店の「とうもろこしご飯」はバター味だったと思います。
北海道は素材が美味しい分、茹でるだけ、焼くだけと何とも調理の幅が広がらないのですが、ひと手間かけた夏のご飯「とうもろこし」は中々良いと改めて思った次第。




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE