CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

世界遺産 ル・コルビュジエの「La Maison Radieuse(ラ・メゾン・ラデューズ)」

162 views

世界遺産 ル・コルビュジエの「La Maison Radieuse(ラ・メゾン・ラデューズ)」

前回の連載では、フランス・ナントで映画の世界を堪能できるスポットを紹介致しました。

フランスの港町ナント ジャック・ドゥミ『ローラ』の舞台へ

今回は、ナントの隣町・Rezé(ルゼ)にある建築を紹介致します!

2016年、上野の国立西洋美術館など7カ国・17施設が「ル・コルビュジエの建築作品」として世界文化遺産に登録されました。
その一つが「La Maison Radieuse(ラ・メゾン・ラデューズ)」。

1955年に建てられた(築60年)アパルトマンです。
ここに約200世帯が住んでいます。屋上テラスには幼稚園があるとのこと。
世界遺産、コルビュジエの作品に住むって、どんな感じなんでしょう…!

トリコロルパリの荻野さんが、こちらにお住まいの方にインタビューされていますので、是非ご覧ください♪
⇒【フランス・部屋】美しいフランス人陶芸家が暮らすル・コルビュジエのアパルトマン〈メゾン・ラデューズ〉

コルビュジエのUnité d'Habitation(ユニテ・ダビタシオン:集合住宅)といえば、マルセイユのが有名。

コルビュジエのUnité d’Habitation(ユニテ・ダビタシオン:集合住宅)といえば、マルセイユのが有名。
このメゾン・ラデューズもユニテ・ダビタシオンの一つではあるのですが、単に「ユニテ・ダビタシオン」といった場合はマルセイユのことを言うらしいです。

メゾン・ラデューズまでの行き方は、ナントからトラムに乗るのが簡単です。
バスだと「Maison Radieuse」や「Le Corbusier」っていう停留所もありすぐ建物のすぐ近くに停まるようですが、旅行者はトラムがわかりやすいかと思います。

ナントからトラムで2番線(青色の線)に乗って停留所「Espace Diderot」で下車。

ナントからトラムで2番線(青色の線)に乗って停留所「Espace Diderot」で下車。
そこから北の方向に歩いて7分くらい。
近辺は低層住宅ばかり、この建物だけ背が高いのですぐわかります。
目印がわかりやすいといいですね。

近辺は低層住宅ばかり、この建物だけ背が高いのですぐわかります。

見学ができる日は水曜日と土曜日だけで、要予約とのこと。
この曜日も時間も時期によって異なるようなので、最新の情報は公式サイト をチェックしてくださいませ。

私が訪問した時は月曜日だったので、周囲で建物を見上げるのと、入り口のロビーのみしか見れませんでした(涙)
それでも、「一般人がたくさん住む世界遺産」はそうそうないので、大感激でした。

La Maison Radieuse

La Maison Radieuse
Boulevard le Corbusier 44400 Rezé
http://maisonradieuse.org/
Facebookページ
https://www.facebook.com/maison.radieuse.reze




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE