CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

パリのパサージュ「パサージュ・デ・パノラマ」

210 views

パリのパサージュ「パサージュ・デ・パノラマ」

CheRishでの連載では、過去に2回、パリのパサージュについて書きました。

パリのパッサージュ「ギャルリー・ヴィヴィエンヌ」
パリのパッサージュ「パッサージュ・ジョフロワ」 

雨の日も安心してお買い物できる、屋根付き「アーケード街」のパサージュ。

「パッサージュ・ジョフロワ」の向かい側に位置し、カミーユ・ピサロの絵で有名な「モンマルトル大通り」(Boulevard Montmartre)から「サン=マルク通り」(Rue Saint-Marc)まで続く、「パサージュ・デ・パノラマ」(Passage des Panoramas) を今回はご紹介いたします。

メトロではグラン・ブールヴァール (Grands Boulevards) 駅からすぐ、オペラ駅からも徒歩圏内、便利な立地にあります。
名古屋にある「円頓寺商店街」が”友好提携”しているのだとか…。姉妹都市、のようなものかしら。

新しいアドレスがどんどん生まれるパリですが、パサージュの中は何世紀も前にタイムスリップしたかのような、映画のセットのような非現実的な空間が広がります。

見た目がなんとも独創的な「Restaurant Victoria Station」(11 boulevard Montmartre) は、電車の車両のようなワゴンレストラン。

Restaurant Victoria Station

パサージュ・デ・パノラマには、パリ中の切手商が集まります。
質が高く美しい商品の数々、ショーウインドー前で足を止め、思わずしばらくの間見入ってしまうほど。
今話題のBULY (ビュリー) でも脚光を浴びている”カリグラフィー”のお店もあり、手書きならではの独特な味わいは、見ているだけでも楽しいです。

パリ中の切手商が集まっている

さて、そんな古くから残る景色も残る中、連日パリジャン・パリジェンヌたちで賑わっているお店があります。

それが「Gyoza bar」。 (56 Passage des Panoramas)

Gyoza bar

ミシュランで2つ星を獲得したレストラン「Passage 53」の佐藤伸一シェフがプロデュースした、餃子専門店。(ちなみに Passage53 こちらも同じパサージュ内にあります 53 Passage des Panoramas)

餃子8個で8ユーロ(約944円、1ユーロ118円の場合)、12個で10ユーロ(約1180円)、ともちろん日本で食べるよりはお値段は張りますが、高級シャルキュトリ(お肉屋さん)のユーゴ・デノワイエのお肉を使っているのでお味はお墨付き!

餃子と言えば、ビール!ですが、地元の人たちの間では、餃子&ワインというのが主流のようです。お肉料理ですしね。。。

パサージュ・デ・パノラマ

新旧様々な顔を持つパサージュ・デ・パノラマ。
是非向かいのギャルリー・ヴィヴィエンヌとハシゴして、不思議空間歩きを楽しんでみてください!




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE