CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

メニューはステーキ1種類のみ!パリジャンに大人気レストラン

11月13日金曜日、パリ同時多発テロが起きてから、まもなく1カ月。
今まで使ったことのない神経をフルで活動させた旅でした。
思い出すだけで今でも震えるくらい怖い思いもしましたが、悲しんだり怖がったりしてばかりいてもいられないので!
今日は、パリ旅行初心者にもオススメ!のレストランをご紹介します。

パリに3店舗を構える「Le Relais de l’Entrecôte(ル・ルレ・ド・ラントルコット)」
メニューはステックフリット(ステーキとフライドポテト)1種類のみ!という、なんとも潔いレストランです。
なので、フランス語メニューが読めなくても大丈夫。
(でも客層は「観光客」と言うより地元のパリジャン・パリジェンヌが多いかも。)

席に着くと、まずグリーンサラダがドン!と。
マスタードとくるみのドレッシング。シンプルだけれども、とっても美味しいサラダです。

01

続いて
「Quelle cuisson?」(ケル・キュイッソン?/焼き加減はどうしますか?)
と聞かれます。
はい、ワインやデザートを頼まない限りは、ここのレストランで注文するのはステーキの焼き加減だけ。
ウェルダンの場合は「Bien cuit(ビアン キュイ)」
ミディアムの場合は「À point(ア ポワン)」
レアの場合は「Saignant(セニャン)」
これだけ覚えれば、OK! あとはステーキが運ばれてくるのを待ちましょう。

店名にもある「Entrecôte」は牛肉、リブロースの意味。
やわらかく食べやすい牛ステーキと、フランス料理に欠かせない、たっぷりのフライドポテト。

Processed with VSCOcam with c1 preset

一皿でも十分にお腹いっぱいなのですが、なんとおかわりが出てくるのです。
一皿目を食べている最中は、テーブル横にあるサイドテーブルで、キャンドルで温められていますので、“おかわり”分もアツアツでいただけます。
フライドポテトはおかわり自由なので、食いしん坊さんも大満足なはず!

03

そうそう、こちらのウェイトレスさんは全員女性なんです!
メイド服チックの制服がとってもかわいいので、ステーキを待っている間に是非チェックしてみてくださいね♪

もちろんお腹いーっぱいになれるのですが、デザートは別腹。
有名なのは「プロフィットロール」(一口サイズのシュークリームにたっぷりのチョコレートクリームをかけたもの)ですが、
「このお店のNo.1は“ヴァシュラン”よ!」と店員さんにオススメされて、頼んだら…
ワイングラスよりも遥かに背の高い、ヴァシュランタワーが出てきて、びっくり&爆笑でした。

Processed with VSCOcam with c2 preset

メレンゲに生クリーム、チョコレート…と、見た目よりはだいぶ軽くいただけるのですが、とにかくすごいボリューム。

肩肘張らずに、予約なしで気軽に利用できるレストラン。
そのシステムや、デザートのボリュームなどなど・・・旅のネタ作りにもなりますよ♪

Le Relais de l’Entrecôte(ル・ルレ・ド・ラントルコット)
http://www.relaisentrecote.fr/(フランス語サイト)

プッシュ通知

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。