CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】ヘルシービューティー!緑の野菜のチーズ焼き

6C1A3996

10月に入りました。わたしの住む北海道のニュースでは、朝夕一桁台の気温の日があちこちで見られるようになりました。お天気の悪い日が続いたこの夏でしたが、この10月は真っ青な秋空を期待しています。

いよいよ秋本番・・・美味しいものの出回る季節ですね。お天気が悪い日が続くと体調もなんとなくスッキリしません。そんな体調を早めに回復させましょう。今日は緑の野菜をたっぷりと美味しくいただけるチーズ焼きをご紹介します。

緑の野菜のチーズ焼き

材料と分量(2人分)
アスパラガス 合わせて200g
さやいんげん
ピーマン
ブロッコリー
とろけるチーズ 50g
オリーブオイル 大さじ1
ハーブソルト 適宜
作り方
1.野菜は食べやすい大きさに切っておく
2.耐熱皿に野菜を並べてハーブソルト、オリーブオイルをかけたら、とろけるチーズをのせてオーブン(オーブントースター)でこんがりと焦げ目がつくまで焼く

緑の野菜の効能

野菜には色によってそれぞれの効能があります。アスパラガスなど緑の濃い野菜に多く含まれているのが、色素成分のカロテノイドです。
赤い野菜に多いβ-カロテンに加え、α-カロテンも多く含まれているのが特徴です。カロテンの抗酸化力は、β・カロテンより強いと言われています。
また、緑の野菜にはビタミンB群のひとつである葉酸も豊富に含まれます。この成分は「脳の栄養分」とも呼ばれており、血液の循環をスムーズにし、血圧を安定させる働きがあります。そのほか、カリウムやビタミンなどもたっぷり含まれています。造血作用のある成分が多いので、貧血に高い改善効果があります。
アスパラガスには、毛細血管を拡張するアスパラギン、アスパラギン酸が含まれており、血圧を下げる働きをします。緑の野菜に含まれるこれらの成分は熱に弱いものが多いので、妙めたり、ゆでたりするときは火を通し過ぎないよう注意しましょう。




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE