CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【特集】自家製ハーブ入り梅酒で心とからだへの“飲む美容”

2015年6月CheRishではハーブ入り梅酒のワークショップを開催しました。
日本ならではの梅仕事。市販の梅酒も美味しいけれど、自分で作った梅酒は格別。出来上がりを待つ時間は、まるで子供を育てているような愛おしい時間。そしてできあがった梅酒は思いもひとしお格別です。

ハーブ入りピンクの梅酒の効果は?

今回ワークショップで作った梅酒にはドライマロウを入れました。
マロウのハーブとしての効果は・・・
・にきび、肌荒れ改善
・便秘改善
・気管支炎改善
・喉の痛み、咳改善
など。
美ぼうのモナコ王妃グレース・ケリー(故人)はブルーマロウを愛したそうです。飲むだけではなくハーブ水をスキンケアに使う方もいるほどの美肌効果があります。

マロウのハーブティーはきれいなブルー。これは、マロウの有効成分「アントシアニジン」が反応して起こります。

P6180008

が、そこに酸性のものが加わるときれいなピンク色に!
今回はマロウを梅酒にいれることで、美容効果を発揮すると共に、見た目にも美しい梅酒を作り体も心も美しく満たされる大人女子のための梅酒を作りました。

【特集】飲むからはじまる美容

プッシュ通知

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。