足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】イライラを解消!カルシウムたっぷりのちりめん丼

P2220057

梅雨のど真ん中です。わたしの住む北海道、以前は梅雨がないと言われていましたが……ありますよ!!
最近では蝦夷梅雨と呼ばれています。ただ、北海道は気温が低いので蒸し暑さよりも、寒くなってしまうのです。ここ数年は気候の変化も激しく、日本各地でスコールのような雨や、ゲリラ豪雨と呼ばれる被害も多くなってきましたが、無事にこの時期を乗り切れますように。
今日は鬱陶しいお天気のイライラを解消、カルシウムたっぷりのちりめんじゃこ(しらす干し)にたっぷりの大根おろしをのせた、さっぱり系の第2弾、ちりめん丼をご紹介しましょう。

ちりめん丼

 材料と分量(1人分) 
ちりめんじゃこ(又はしらす干し) 50g
大根 60g
大葉 2枚
かつお節 適宜
だし醤油 適宜
ご飯 150~200g
作り方
1. 大根はおろす。大葉は千切りにする。
2. 器にご飯を盛り、ちりめんじゃこ、大根おろし、かつお節を彩りよくのせて、最後に大葉をのせる。
3.大根おろしにだし醤油をかけていただく。

手のひらに盛った程度のちりめんじゃこで1日のカルシウムが!

わたしは「ちりめんじゃこ」が大好きで良く食材に使うのですが、「高級品過ぎて使えないのですが、「しらす干し」では駄目ですか?」と言う質問が多くあります。
全くかまわないのです。北海道では流通の都合でしらす…特に「釜揚げシラス」は高級品で、更に手に入りにくいので、どこでも手に入る「ちりめんじゃこ」を使っているのです。

一般的には、「釜茹でしたのみ」のものを「しらす(釜揚げしらす)」
「釜茹で後に少し干したもの」を「しらす干し」
「じっくり干して乾燥させたもの」を「ちりめんじゃこ」と言うそうです。
「しらす」→「しらす干し」→「ちりめんじゃこ」の順に乾燥度が高くなります。
「しらす」と「ちりめんじゃこ」、どちらも共通しているのは、「鰯の稚魚を使った食材」であるということです。
鰯は主に片口鰯(カタクチイワシ)を使用しますが、季節により真鰯(マイワシ)や潤目鰯(ウルメイワシ)なども使用されます。

お魚の中でもイワシは特に青魚と呼ばれ、カルシウムが豊富な上、血液をサラサラにするEPAや、脳を活性化させるDHAを含む、優れた食品です。
その中のカルシウムの大きな効能は、骨を丈夫にするとともに精神の安定とイライラの解消です。

カルシウムの宝庫であるイワシの稚魚であるちりめんじゃこは、目や内臓、骨まで全部食べられますから、更に素晴らしい食品なわけです。手のひらに盛った程度のちりめんじゃこを食べれば、約1日分のカルシウムが摂取することが出来ます。

関連記事

  1. 【レシピ】秋の香りいっぱい!どっさりキノコのピラフで健康に
  2. 【レシピ】かんたんがおいしい鶏天で秋バテ解消! 【レシピ】かんたんがおいしい鶏天で秋バテ解消!
  3. みょうが寿司 【レシピ】初夏を感じるサッパリみょうが寿司
  4. 【レシピ】かわいく美肌効果!いちごのコロンとゼリー
  5. 【レシピ】ひじきのサラダで乾燥肌とむくみを改善!
  6. 【レシピ】ピザ風ポテトで美味しく風邪予防!
  7. 【レシピ】オクラのネバネバを味方に!夏野菜のごま油和え
  8. 【レシピ】夏バテに負けない!スペアリブのBBQ風 【レシピ】夏バテに負けない!スペアリブのBBQ風

New!!

  1. 【1月 獅子座の満月】心地よさに委ねて、豊かな波を引き寄せよう
  2. 野菜たっぷりカレーピラフで平日晩ごはん
  3. 【プレゼント】『女王陛下のお気に入り』一般試写会
  4. 【セルフネイル】ハッピーをトッピングしてくれるクリアハートネイル
  5. 基本のパウンドケーキを作ってみよう
  6. 寒い冬は“エキナセア”で免疫力アップ&風邪予防
  7. ナチュラルコスメの新色図鑑~2019 SPRING
  8. パリのおすすめホテル Hotel Bienvenue Paris
  9. 【プレゼント】『雪の華』一般試写会
  10. 2019年はミントをぜひ常備しておきましょう!

Present & Event

PAGE TOP