おフランスかぶれのうたかたの日々

没後30年を記念したフランソワ・トリュフォー展

01

昨年10月から今年の1月25日までパリの映画博物館・La Cinémathèque française (シネマテーク・フランセーズ)で開催されていた「フランソワ・トリュフォー展」。
ヌーヴェルヴァーグの先駆者、フランスを代表する映画監督の一人・フランソワ・トリュフォーの没後30年を記念した企画展。

日本でもフランソワ・トリュフォー映画祭が全国で開催中。
昨年10月には、トリュフォーの分身「アントワーヌ・ドワネル」役、ジャン=ピエール・レオー氏が初来日。ティーチインやQ&Aが行われた会場は彼を一目でも見ようとファンが集結!と、今もなお色褪せない人気の高さを誇るトリュフォー。
来日時の舞台挨拶の模様は、OUT SIDE IN TOKYOのサイトでアップされています。
http://www.outsideintokyo.jp/j/news/jeanpierreleaud_talk.html

02

シネマテークでの企画展は、直筆デッサンやプライベートでの手紙、カトリーヌ・ドヌーヴの『終電車』での小道具やジャン・コクトーからの手紙…と内容盛りだくさんでした。
トリュフォーとレオーのツーショットで涙腺崩壊してしまいました。本当にこの二人、そっくりなんですもの!
『未知との遭遇』の貴重な俳優トリュフォーや、『アデルの恋の物語』でのイザベル・アジャーニについて語るトリュフォー…最後の方の展示にたどり着く頃には、ウォータープルーフなのにマスカラ全落ち。トリュフォーの作品が大好きな私、号泣でした。
最後に、エステル・ガレル、アデル・エネルやヴァンサン・マケーニュなどトリュフォーを“直接知らない”俳優たちがトリュフォーを語るビデオも。
トリュフォーファンが多い日本でも、是非開催してほしいです!

胸熱のまま下の階へおりると、売店の横に日本版『大人は判ってくれない』のポスターがどどんとありました。

03

展示はもちろん撮影禁止なので、号泣しながら見た展示は、カタログで振り返ります。
240ページ超の素晴らしいカタログは、35ユーロでした。

04

ジャン=ピエール・レオー氏が来日した際、幸運にもサインをいただけました。
テンションが上がり過ぎて、勢い余ってiPhoneにいただいてしまいましたが…家宝です。iPhoneなので肌身離さず持ち歩いています

05

シネマテーク・フランセーズは、大部分をフランス政府が出資している文化施設。
4万本以上もの映画を保存していて、映画ファンなら垂涎のイベントが毎月開催。
館内には映画館もありますよ。

このシネマテーク、元は建築家のフランク・ゲーリーが設計した「アメリカン・センター」という建物なので、映画ファンのみならず建築好きなかたも、パリの建物探訪のひとつとして巡ってみてはいかがでしょうか。

■La Cinémathèque française シネマテーク・フランセーズ
51 rue de Bercy 75012 Paris
http://www.cinematheque.fr/

■フランソワ・トリュフォー映画祭
http://mermaidfilms.co.jp/truffaut30/

関連記事

  1. パリの「空中庭園」プロムナード・プランテ
  2. 「フランスを、写そう。」フォトコンクール
  3. メニューはステーキ1種類のみ!パリジャンに大人気レストラン
  4. 秋のフランスへ旅立ちます!
  5. パリのパッサージュ「パッサージュ・ジュフロワ」
  6. まるでおとぎ話の世界!パリのレストラン「Le Chalet des Iles」(ル シャレ デ ジル) まるでおとぎ話の世界!パリのレストラン「Le Chalet de…
  7. パリ ギャラリー・ラファイエットのクリスマス 2018
  8. 世界中を魅了したポスターが多数来日!「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」 世界中を魅了したポスターが多数来日!「サヴィニャック パリにかけ…

New!!

  1. 両国で江戸を感じる大人女子遠足
  2. 第3回CheRish meat 肉おじさん by格之進は超贅沢な焼肉食べ比べ!
  3. ガラスカボションアクセサリーを多くの人に 小川真理子さん(会社員/ガラスアクセサリーKWAL!代表)
  4. 【2月 乙女座の満月】浄化の時 ~執着と過去から私を解き放つ~
  5. 【プレゼント】『ねことじいちゃん』特製ペーパークリップ
  6. ガラスネイルで、いち早く2019SSを取り入れよう!
  7. 【プレゼント】ロゴナ ボリュームシャンプー ビール&はちみつ・コンディショナーセット(非売品)
  8. 味付け卵丼で平日晩ごはん!こんなにかんたんがおいしくていいの?
  9. 細かい悩みにもアプローチ!次に狙うべき、ナチュラルファンデ春の新作
  10. 「デュカス・シュル・セーヌ」Ducasse sur Seine アラン・デュカスのセーヌ川クルーズレストラン

Present & Event

PAGE TOP