足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】夏バテ防止に!鰻とみょうがのお寿司

141102_208-2

はじめまして。今日からカジュアル薬膳を担当する足立洋子(あだちひろこ)です。
薬膳と言うと何か苦い、難しい特別なものを想像する方も多いのでは?
東洋医学では病気になる以前「未病を治療する」と言うことが大切と考えられてきました。

「医食同源」と言う言葉があるように、毎日の食事から健康を作りだし、食材にも薬と同じように体に良い効果があるという考えです。

その一番は、“旬のものをいただく”ということのようです。
自然界はとても理にかなっていて、 その時、人間の身体が一番必要としている栄養素を含む食物が、旬のものとなって出回ります。

食卓に並ぶ全てのメニューが薬膳料理ではなくても何か一つ、食事に取り入れることで意識は随分変わるでしょう。
身近な材料を使って、かんたんな調理法でカジュアルに薬膳料理を取り入れてみましょう。

記念すべきカジュアル薬膳の第1回目は、土用の丑の日も近いので鰻を使ってみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鰻とみょうがのお寿司

材料と分量(2人分)
鰻の蒲焼 1枚
ご飯 400g
白ゴマ 大匙2
みょうが 4本
寿司酢 大匙2
作り方
1.ご飯を用意する。(冷やご飯だったら温めて)
2.ご飯に寿司酢を入れさっくりと切るように混ぜる。
3.鰻は温めて1㎝の幅に切り、みょうがは小口切りにする
5.②のご飯に③と④を入れて混ぜ合わせて・・・あっと言う間にできあがり。

※お好みで山椒をふっても美味しいです。

夏バテ回復の王様うなぎにはビタミンB1,B2が豊富!

本来、土用は立春・立夏・立秋・立冬前の18日間のことを言うのだそうですが、今では「夏の土用」が有名です。
土用は季節の変わり目で体調を崩しやすい時、特に夏の土用は暑さが厳しく食欲がなくなることから栄養不足になり、その結果、夏バテをおこすと言う悪循環がおこります。

鰻が夏バテ回復の王様のように言われているのは、栄養の面ではビタミンB1・B2が疲労回復に効果がある他、夏の陽射しでダメージをうけたお肌や髪にも良いのです。

その上消化が良いために胃腸に負担がかからないと言うまさに夏バテ回復にぴったりの食品です。
今日はその鰻を使って簡単で美味しい混ぜ寿司を作ってみました。
各種ビタミンの宝庫・・・ゴマもたっぷり入っています。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理家
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 【レシピ】たまった疲れにさようなら!スタミナ満点レバニラ丼
  2. 【レシピ】シミ・ソバカスを防ぐ美肌効果抜群!ブロッコリーのサラダ…
  3. 【レシピ】健康の源!玉葱の丸ごとスープ
  4. 麻婆筍 【レシピ】麻婆筍でおいしく美肌を目指そう!
  5. 【レシピ】ビタミンCでお肌ツルツル!ビシソワーズ
  6. 青ジソご飯 【レシピ】青じそご飯で美味しくリラックス
  7. 【レシピ】気管支スッキリ!大根とくこの実のサラダ
  8. 【レシピ】かわいく美肌効果!いちごのコロンとゼリー

New!!

  1. パリ香水博物館 (Le Grand Musee du Parfum) パリ香水博物館 (Le Grand Musee du Parfum)
  2. 【ネイル】エレガントな秋の押し花ネイル 押し花ネイル
  3. 【編集長日記】SOFINA iP 美活パワームースやいかに! ソフィーナIP
  4. 「emmi(エミ)」と「ASICSTIGER(アシックスタイガー)」コラボレーションモデルが発売 「emmi(エミ)」と「ASICSTIGER(アシックスタイガー)」の「GEL-LYTE Ⅲ」コラボレーションモデルが発売
  5. 年に一度の香りの祭典「イセタン サロン ド パルファン」が開催! 年に一度の香りの祭典「イセタン サロン ド パルファン」が開催!

Present & Event

  1. メイクアップアーティスト小松和子さんレクチャー時短派ナチュラルツヤ肌レッスン
PAGE TOP