CheRish Brun.|チェリッシュブラン

私のごきげんな毎日

妙案をください

トムとジェリーとバズカット

花を飾るのが好きである。
できるならば欠かさず飾りたい。365日、切らすことなく。

黒猫トムと花

過去、歴代の我が子たちは、特段花に興味を持たなかった。
イタズラなんてしなかった。
だから安心して飾っていたし、猫も花も共存できた。

が。

黒猫トムとキジトラ長毛種猫ジェリー

トムジェリは別である。
ちょっと目を離すと瞬殺だ。

大きくなって落ち着いたらやらなくなるだろう…
小さい頃は、そう思っていたが、甘かった。

黒猫トム

彼らは永遠のお子さま、そして花を愛でるなどという風流心は持ち合わせていなかった。

今では飾れる場所はトイレのみ。
そのトイレですら、うっかり侵入されたらもうアウト。
避難させていた花ですらズタボロにされる始末。

キジトラ長毛種猫ジェリーと花

猫飼いでも花を楽しんでいるお宅がうらやましい。本当にうらやましい。

こればっかりは猫の性格の問題で、どうにもできないものだろうか。
もう少し年を取ったら興味を持たなくなるのだろうか。

キジトラ長毛種猫ジェリー

あれこれ試行錯誤してみたけれど、どれもこれといった対策にはなっていない。
ひたすらトムジェリが立ち入れない場所に飾るのみだ。

本当なら、リビングやダイニング、玄関や寝室…
飾れるところにはあちこち置きたい。
それが理想である。

黒猫トム

理想と現実はほど遠い。

花屋に行っては、
アレとコレを組合せて…ベースはアレにして…
などと妄想を繰り広げるが、ほぼ妄想止まり。

ステキな花たちを横目に手ぶらで帰路につく。
欠かさず飾っていた日々は遠い昔。

黒猫トムとキジトラ長毛種猫ジェリー

猫らが花に興味を持たなくなる妙案があれば…!!
そんな情報をお持ちの方がいらしたら、是非ともご一報いただきたい。

主的にわりかし切実な話。

To be contimew.

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Evernote
Feedly
Send to LINE