CheRish Brun.|チェリッシュブラン

私のごきげんな毎日を送るライフスタイルマガジン

作って食べる“私のおやつ時間”

GOURMET

時々、むくむくと湧き上がる“お菓子を作りたい熱”。美味しいのはもちろん、できればおしゃれで映えるものを作りたい……。

私の家庭菓子 内田真美

そんな希望を叶えてくれるのが、料理研究家 内田真美さんが2月27日にアノニマ・スタジオから発売された『私の家庭菓子』。思わず「作ってみたい!」と思う、数々のお菓子が紹介されています。

『私の家庭菓子』
料理家・内田真美さんの、ずっと作り続けているお菓子のレシピ集。春夏秋冬、その季節に作りたいお菓子、各地に伝わる伝統菓子、20年以上作り続ける定番菓子など厳選41品。お食事にもなるセイボリーのメニューもおすすめです。美しい写真とともに楽しめる一冊。

アノニマ・スタジオより

今回は『私の家庭菓子』で、春のお菓子として紹介されている、いちごとホワイトチョコレートバニラシャンティイカスタードプディングを実際に作ってみました。

いちごとホワイトチョコレートバニラシャンティイ

『私の家庭菓子』を手に取った時、一番最初に“作ってみたい!”と思ったのが、いちごとホワイトチョコレートバニラシャンティイ。いちごの目覚めるような赤に、優しいクリーム色のシャンティイ・クレームに、心がときめいてしまいました。

私の家庭菓子 内田真美

いつも行くスーパーで、40%OFFになっているいちごが2パック。そして、生クリームまでもが30%OFFになっているという素晴らしいタイミング。

まるで私に、「今が作る時だよ!」と合図を送っているかのよう。

いちご
真っ赤な完熟いちごはそれだけでも美味しそうだけれど…
いちごのマリネ
いちごを洗ったら砂糖でマリネし冷蔵庫へ
ホワイトチョコレートバニラシャンティ
レシピにある材料を使って、シャンティイ・クレームを作ります
いちごのマリネ
冷蔵庫で冷やしておいたいちごのマリネ
水分が出て美しいシロップも
いちごとホワイトチョコレートバニラシャンティイ
いちごとホワイトチョコレートバニラクレームシャンティイの完成
 ベランダで育てているミントもトッピングしてみました

食べた瞬間、思わず飛び上がってしまうほどの美味しさ。なんとなく、いちごは“そのまま食べるのが一番”と思っていた私には、衝撃の美味しさでした。

そして、ホワイトチョコレート入りのシャンティイ・クレームの芳醇でまろやかな味わいに、完全にノックアウト。ホワイトクリーム入りのシャンティイ・クレームだからこそ、引き立てられるいちごのマリネ。シンプルなホイップクリームでは、この味わいは出せないと確信。

いちごのホワイトチョコレートシャンティイ

シンプルなのに、こんなにステキな佇まい。いちごが美味しい季節の、定番おやつに仲間入りです。

定番のカスタードプディング

次に作りたいと思ったのは、。私も夫も大好きなスイーツの1つカスタードプディングです。

材料は全部揃っている。今日は時間もある。「さぁ、今だ!」と、とある火曜日起きた瞬間に内田真美さんのカスタードプディングを作ろう!と思いました。

私の家庭菓子 内田真美

「最初にプリンを作った人って天才よね……。なんで、こんなにも美味しいものを発明したんだろう」と、心の中で呟きながら、1つ1つの工程を楽しみました。

卵
内田真美さんのカスタードプディングは卵がたっぷり
カラメル
レシピでは丸い型を使われていますが、私は長方形の耐熱ガラスの容器で

お菓子のレシピ本を見て、容器や型がないから作れない……と思ってしまう方が、意外に多いそうですが、ご自宅にある耐熱容器であればガラスでも陶器でも代用できます。

今回、私は耐熱ガラス容器使いましたが、蓋もついているし、四角いので冷蔵庫で冷やしている時も、収まりが良くて非常に便利でした。

プリン液
シンプルな材料だからこその美味しさ
プリン液
プリン液を型に流したら、あとは焼き上げるだけ
プリン作り
電気オーブンは、温度の管理がメーカーによって色々
ちょうど良い温度と時間を見つけ出すことが成功のポイントです!
プリン
ちょっと割れてしまいましたが、きれいに焼き上がりました
プリン

早く食べたい!!」というワクワクの待ち時間から、解放されるのは、もちろん、優しい真っ黄色なカスタードプディングを口に運んだ瞬間。

それはそれは至福の時です。

プリン

我が家では、“とにかくたっぷり食べたい!”と言う思いから、型から好きなだけをスプーンでお皿にとって食べる方法を採用(笑)。とっても贅沢な食べ方です。

夫は、「一人で全部食べたい!」言うほど喜んでくれました。みんなを笑顔にするスイーツって最強!

何を作りますか?

『私の家庭菓子』では、41品のお菓子のレシピが紹介されています。写真を見ていると、「作ってみたい!」「食べてみたい!」と思うものがいくつもあるはず。

その「作ってみたい!」「食べてみたい!」と思ったものを、ぜひ作ってみてください。
ちなみに、私が次に作ろうと思っているのは、スコーンです。

created by Rinker
¥2,372 (2024/05/18 09:58:31時点 Amazon調べ-詳細)
CheRish Brun.編集長小路桃子(しょうじももこ)
1975年10月生まれ。
自由学園女子最高学部を卒業後、鹿島建設に就職。
2005年もっと女性が活躍できる場で働きたいと思い、GMOインターネットに転職。
女性向けブログサービスヤプログ!で、コンテンツ企画・著名人ブログを担当。
映画、美容、レシピコンテンツなどオリジナル企画のほか、各メーカーとのコラボ企画を多数実施する。

2013年に思わぬ転機が訪れ退職。
退職2ヶ月後の2013年7月17日に大人女子を楽しむWebマガジンCheRish(現:CheRish Brun.)を立ち上げる。
その傍ら、母であるスーパー主婦足立洋子の専属フードスタイリスト、ワークユニットJIYU5074LABO.のメンバーとしてレシピ本の出版・イベント企画。
現在は、楽しいを仕事にするユニットchouette.に所属し、企業のブランディング、動画制作などを行っている。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Evernote
Feedly
Send to LINE