CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

秋色のお花が揃ってきました

おうちにも「秋」を取り入れましょう。

コスモスのフラワーアレンジ

用意するもの
・コスモス(白)
・ミニ菊
・スプレー咲きバラ(そら)
・シソ(和ハーブ)
・赤い実(コンパクター)

・お好きな花器 なるべく長方形 と紐

陶器の花器

今回は活けはじめる前に、「花器」を工夫してみます。
横長の花器。
幅3センチくらいで、どちらか片方にお花を入れても良いし、全体にお花を入れても良し、少ないお花でも多めのお花でもきれいに飾れる、なかなかよくできた花器です。

お花を活けている時
「どれくらに切ったらお花はちょうどよくなるだろう?ひょろっとしたお花が意外と留まってくれない……」
そんなお悩みはありませんか?

陶器の花器

そんな時のご提案。
写真のように、一箇所を紐で結びデザインをつけます。
どんな利点があるかというと、茎のひょろっとしたお花、小さなお花も、少し短めでも角が多いと留まってくれるのです。

お好きな位置に気に入ったリボンを、固結びでも、リボン結びでも花器を少しデザインしてみましょう。

今回は革紐を使いましたが、例えばおしゃれなお店のリボンもいいかもしれません。

さっそく、秋のお花をこちらに飾りましょう。

シソとミニ菊

まずは角に、シソと、ミニ菊。
地味なようですが、秋を感じさせてくれ、とても可愛いですよ。
花器の高さと同寸をを目安に、お花の長さを決めましょう。

コスモスのフラワーアレンジ

赤い実を花器のふちに近くに入れたら、バラはミニ菊たちと同じ長さで、のびのびと入れます。

そして、紐で区切られた、細い空間にはコスモスを入れます。
くねくねっとした可愛らしい茎も、このスペースがあると生き生きした表情になりますね。

この時コスモスは頭一つ分くらい、他のお花のよりも長めにしましょう。

コスモスのフラワーアレンジ

窓から秋の風が吹いてきて、お花達がゆらゆら揺れても、このスペースがあると!お花が自然な表情を見せてくれます。

お水はたっぶりとあげてくださいね!
全てが旬の秋のお花。
おうちにお花を飾りましょう。

Living With Flower

秋のお花のリース

毎年お友達からお友達へ。
お誕生日のプレゼントのご依頼をいただいています。
今年は「秋色リース」。

秋はいろんな色合いがあって、他の季節と違う趣がありますね。

講座のご案内 

松屋銀座 カルチャースクール✨ 
One day Lesson「小林亮子のフラワーアレンジメント講座」🌿✨

フラワーアレンジメント

10月29日火曜 14-16時 経験者クラス
11月9日土曜 14時−16時 初心者クラス
http://ryoko-kobayashi.jp/lesson.html
http://www.matsuya.com/m_ginza/

プッシュ通知

Author's Profile

Bouquets Ryokoフラワーデザイナー小林亮子(Ryoko KOBAYASHI)
フランク・ロイド・ライト氏が設計した自由学園明日館をはじめ、銀座松屋、都内のこどもの教室などで現在3才〜80才くらいの生徒さんにレッスンを開催しています。
そのほか オートクチュールのウェディングブーケと装花、イベントの装花、プレゼントのオーダーアレンジメントなど幅広く活動中。
季節ごとの美しい花とともに、花のある豊かで洗練されたライフシーンの提案を行っています。

重要文化財自由学園明日館 公開講座
*“花”ある暮らし「亮子さんのフラワーレッスン」
*F.L.ライトの建物で花を活ける「Décoration Florale―デコラシオンフローラル【芸術文化】
松屋銀座カルチャースクール 講座
JIYUアフタースクール *「お花のこよみ教室」(こどものお花とこよみの教室です) など
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。