おフランスかぶれのうたかたの日々

パリ・装飾芸術美術館の展示「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」

パリ・装飾芸術美術館の展示「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」

パリのルーヴル美術館と同じ「ルーヴル宮」にある、装飾芸術美術館(Musée des Arts Décoratifs)。

今年7月から2018年1月7日まで、半年という長期間で開催されているのが、クリスチャン・ディオール創業70周年記念展示「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ(Christian Dior, Couturier du Rêve)」です。

平日の午後に行きましたが、入場まで1時間ほど並びました。
さらにチケット購入にも長蛇の列。
たくさん美術館を巡る予定がある方・時間を少しでも無駄にしたくない方は、ぜひ「パリ・ミュージアムパス」を。
パスを持っている人は待ち時間なしで優先的に入場できたので、うらやましかったです。。

展示はオートクチュールドレスだけにとどまらず、クリスチャン・ディオールに影響を与えてきた絵画や彫刻などの美術品が300点以上!
イヴ・サンローラン、ラフ・シモンズ、ジョン・ガリアーノら、ディオールの歴史を受け継いできたデザイナーたちの作品も、時系列に沿って見ることができます。

カラーやテーマ別に並べられた美しい展示の数々…
ひとつひとつ丁寧に見ていくと、一日中いても時間が足りません。

展示は約3000平方メートルもの空間を使っているのですが、特に最後の空間(ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」にインスパイアされて作られたボールルーム)は圧巻です!
体を後方に大きく逸らして、イナバウアーしながら見上げました。

各界のセレブが着用したディオールのドレスの数々がこのスペースに。
その中には、ダイアナ妃や、モナコのグレース王妃などの名前も…!!!

鑑賞後はぜひ1階にあるミュージアムショップへ。
2kgはありそうな、ずっしり重い充実した図録は59ユーロ、トートバッグは65ユーロでした。
どちらもこの会期でしか購入できない貴重な商品ですので、チェックするのをお忘れなく!

Musée des Arts Décoratifs  装飾芸術美術館
107 rue de Rivoli 75001 Paris
開館時間 11:00~18:00(木曜は ~21:00)
定休 月曜
(閉館時間30分前には入場口が閉じられますので、ゆとりを持ってご入場ください)
http://www.lesartsdecoratifs.fr/
 
クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ
Christian Dior, Couturier du Rêve
会期 ~2018年1月7日(日)

著者プロフィール

nontage
nontageWebディレクター
渋谷区在住フランス狂。
趣味:フランス旅行・フランス映画鑑賞・フランス語学習
職業:WEBディレクター兼フランス妄想家
魂はフランスに置いて来ましたが、広島カープファンです。

関連記事

  1. 暮らすようにパリ滞在!アパートメントホテル「シタディーヌ」…
  2. ジュール・ヴェルヌの世界が現実に!フランス・ナントの遊園地…
  3. パリで買ったエコバッグたち
  4. パリ・モンマルトル サクレクール寺院の展望台 パリ・モンマルトル サクレクール寺院の展望台
  5. 「CirkVOST(シルクヴォスト)」ジブリ好きにもオスス…
  6. 奇跡のメダイユ
  7. パリの新スポット!ルイ・ヴィトン財団美術館
  8. フランスを襲った悲しい出来事

New!!

  1. フィガロジャポン12月号は、ガールズカルチャー特集!大人になったいまでもハートを揺さぶる映画、音楽、本 フィガロジャポン12月号は、ガールズカルチャー特集!大人になったいまでもハートを揺さぶる映画、音楽、本
  2. SASAO×Bunkamura×HOBONICHI×Qu’il fait bon キル フェ ボン青山にてコラボイベント開催!
  3. 手軽にビューティー!素材系おやつ「ドライなつめ」新発売
  4. 【チャイレシピ】No.43 ラム・ジンジャーチャイ 【チャイレシピ】No.43 ラム・ジンジャーチャイ
  5. 日本初ドライフラワー専門店によるカフェ&バーが池袋西口に10月20日グランドオープン!

Present & Event

  1. ナラタージュオリジナルグッズ
PAGE TOP