おフランスかぶれのうたかたの日々

パリ・装飾芸術美術館の展示「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」

パリ・装飾芸術美術館の展示「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」

パリのルーヴル美術館と同じ「ルーヴル宮」にある、装飾芸術美術館(Musée des Arts Décoratifs)。

今年7月から2018年1月7日まで、半年という長期間で開催されているのが、クリスチャン・ディオール創業70周年記念展示「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ(Christian Dior, Couturier du Rêve)」です。

平日の午後に行きましたが、入場まで1時間ほど並びました。
さらにチケット購入にも長蛇の列。
たくさん美術館を巡る予定がある方・時間を少しでも無駄にしたくない方は、ぜひ「パリ・ミュージアムパス」を。
パスを持っている人は待ち時間なしで優先的に入場できたので、うらやましかったです。。

展示はオートクチュールドレスだけにとどまらず、クリスチャン・ディオールに影響を与えてきた絵画や彫刻などの美術品が300点以上!
イヴ・サンローラン、ラフ・シモンズ、ジョン・ガリアーノら、ディオールの歴史を受け継いできたデザイナーたちの作品も、時系列に沿って見ることができます。

カラーやテーマ別に並べられた美しい展示の数々…
ひとつひとつ丁寧に見ていくと、一日中いても時間が足りません。

展示は約3000平方メートルもの空間を使っているのですが、特に最後の空間(ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」にインスパイアされて作られたボールルーム)は圧巻です!
体を後方に大きく逸らして、イナバウアーしながら見上げました。

各界のセレブが着用したディオールのドレスの数々がこのスペースに。
その中には、ダイアナ妃や、モナコのグレース王妃などの名前も…!!!

鑑賞後はぜひ1階にあるミュージアムショップへ。
2kgはありそうな、ずっしり重い充実した図録は59ユーロ、トートバッグは65ユーロでした。
どちらもこの会期でしか購入できない貴重な商品ですので、チェックするのをお忘れなく!

Musée des Arts Décoratifs  装飾芸術美術館
107 rue de Rivoli 75001 Paris
開館時間 11:00~18:00(木曜は ~21:00)
定休 月曜
(閉館時間30分前には入場口が閉じられますので、ゆとりを持ってご入場ください)
http://www.lesartsdecoratifs.fr/
 
クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ
Christian Dior, Couturier du Rêve
会期 ~2018年1月7日(日)

著者プロフィール

nontage
nontageWebディレクター
渋谷区在住フランス狂。
趣味:フランス旅行・フランス映画鑑賞・フランス語学習
職業:WEBディレクター兼フランス妄想家
魂はフランスに置いて来ましたが、広島カープファンです。

関連記事

  1. 曜日別&地区別 かんたんパリ歩き
  2. やっぱりフランスは楽しい!
  3. エールフランスのアラカルトミールが日本発のフライトでも!
  4. marie claire style Box 2014
  5. パリから行ける日帰り観光〜ヴェルサイユ〜
  6. 2017年度フランス観光親善大使は、くまモン と リカちゃん! 2017年度フランス観光親善大使は、くまモン と リカちゃん!
  7. NOUS SOMMES PARIS
  8. 白・白・白!のシークレット・ディナーパーティー「ディネアン…

New!!

  1. パリ ギャラリー・ラファイエットのクリスマス 2018
  2. みんな大好きスペシャルハンバーグで休日ごはん
  3. オリジナル ガラスアクセサリーKWAL!(クワル)がポップアップショップを開催
  4. DEAN & DELUCA上陸15周年記念「デルーカさんのアップルパイ」を予約販売!
  5. クリスマスシーズン
  6. 12月は静寂な「ミルラ」の香りで1年を振り返る
  7. 疲れた日はきのこ蕎麦でほっこり平日晩ごはん
  8. 【ワークスタイル】みんなの生活の傍にヨガとヘナを 尾形弓子さん(ヨガ講師 ヘナ&ハーブインストラクター)
  9. パリの荷物預けサービス「At The Corner」と「City Locker」
  10. 【編集長日記】BIOPLE FESに参加してきました Vol.3

Present & Event

PAGE TOP