CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

パリ・装飾芸術美術館の展示「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」

140 views

パリ・装飾芸術美術館の展示「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」

パリのルーヴル美術館と同じ「ルーヴル宮」にある、装飾芸術美術館(Musée des Arts Décoratifs)。

今年7月から2018年1月7日まで、半年という長期間で開催されているのが、クリスチャン・ディオール創業70周年記念展示「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ(Christian Dior, Couturier du Rêve)」です。

平日の午後に行きましたが、入場まで1時間ほど並びました。
さらにチケット購入にも長蛇の列。
たくさん美術館を巡る予定がある方・時間を少しでも無駄にしたくない方は、ぜひ「パリ・ミュージアムパス」を。
パスを持っている人は待ち時間なしで優先的に入場できたので、うらやましかったです。。

展示はオートクチュールドレスだけにとどまらず、クリスチャン・ディオールに影響を与えてきた絵画や彫刻などの美術品が300点以上!
イヴ・サンローラン、ラフ・シモンズ、ジョン・ガリアーノら、ディオールの歴史を受け継いできたデザイナーたちの作品も、時系列に沿って見ることができます。

カラーやテーマ別に並べられた美しい展示の数々…
ひとつひとつ丁寧に見ていくと、一日中いても時間が足りません。

展示は約3000平方メートルもの空間を使っているのですが、特に最後の空間(ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」にインスパイアされて作られたボールルーム)は圧巻です!
体を後方に大きく逸らして、イナバウアーしながら見上げました。

各界のセレブが着用したディオールのドレスの数々がこのスペースに。
その中には、ダイアナ妃や、モナコのグレース王妃などの名前も…!!!

鑑賞後はぜひ1階にあるミュージアムショップへ。
2kgはありそうな、ずっしり重い充実した図録は59ユーロ、トートバッグは65ユーロでした。
どちらもこの会期でしか購入できない貴重な商品ですので、チェックするのをお忘れなく!

Musée des Arts Décoratifs  装飾芸術美術館
107 rue de Rivoli 75001 Paris
開館時間 11:00~18:00(木曜は ~21:00)
定休 月曜
(閉館時間30分前には入場口が閉じられますので、ゆとりを持ってご入場ください)
http://www.lesartsdecoratifs.fr/
 
クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ
Christian Dior, Couturier du Rêve
会期 ~2018年1月7日(日)




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE