シネマキアート

【MOVIE】マジック・マイクXXL

main

今回は女友達と一緒に観ると盛り上がること間違いなしのパーティムービーを紹介します。10代の頃にストリップダンサーをしていたチャニング・テイタムの実体験を基に、主人公のサクセス・ストーリーとショービジネスの裏側を描いた『マジック・マイク』(2013)の続編『マジック・マイクXXL』。キャッチコピーは「カラダ目当てで来て下さい」です(笑)。これは、三角関係やら壁ドンやらの少女漫画の実写化とは一線を画した、大人の女性のためのエンターテインメント映画です。

sub1

伝説のダンサー・マイク(チャニング)が引退してから3年。昔の仲間とともにダンスコンテストに挑むというストーリー。本作では前作で描ききれなかった個々のキャラクターやパフォーマンスにフィーチャーし、コメディ要素もプラスされています。7月1日より全米公開されると、同日公開の『ターミネーター:新起動/ジェ二シス』をおさえて初日初登場1位を獲得!

前作がとても面白かったので、この続編をとても期待していましたが、私は前作のチーム・パフォーマンスの方が好みだったのと、マシュー・マコノヒー(前作ではストリップクラブのオーナー役)が本作には出演していなかったので、ちょっと残念に思いました。しかし、米『People』誌2012年度“最もセクシーな男”チャニングの見惚れるダンスは健在で、本作で初めて歌を披露している正統派イケメンのマット・ボマーや男の色気ムンムンのジョー・マンガニエロ、そして新たに加わったジェイダ・ピンケット・スミス(ウィル・スミス嫁)やアンバー・ハード(ジョニー・デップ嫁)が女性の気持ちを代弁していて、タイトル通り“XXL”にパワーアップしています。

sub4

前作同様、本作でも主演兼プロデューサーを務めたマルチなチャニングですが、面白そうな待機作が目白押し。クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『The Hateful Eight(原題)』、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督の新作映画『Hail Caesar(原題)』、ジョニー・デップ出世作ドラマ原作のアクション・コメディ第3弾『23 Jump Street(原題)』、『X-MEN』シリーズのスピンオフ映画『Gambit(原題)』など、今後も要注目です。

sub8

とにかくイケメンたちのセクシーなダンス・パフォーマンスに眼福で、ハロウィン・イベントにもぴったりかも(※チャニングはくまのプーさんのコスプレをInstagramで披露!)。ストレスフルな日常は忘れて、劇場で女友達とドーパミン全開で盛り上がってください。

『マジック・マイクXXL』
新宿ピカデリーほか絶賛公開中(R15)
http://wwws.warnerbros.co.jp/magicmikexxl/
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

著者プロフィール

國方 麻紀(くにかたまき)
國方 麻紀(くにかたまき)エディター・ライター
香川・丸亀出身、東京・吉祥寺在住のアラフォーのエディター・ライター。
女性誌『ELLE JAPON』『VOGUE JAPAN』のウェブ・エディターを経て、現在は女性サイト「GLAM」編集長に。
好きな映画のジャンルは、バイオレンスや時代劇、B級など。
「このコラムを読んで普段観ないようなジャンルの映画にも興味を持ってもらえたらうれしいです!」

関連記事

  1. 【MOVIE】アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
  2. 【MOVIE】ちはやふる
  3. ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
  4. 【MOVIE】サウスポー
  5. スリー・ビルボード
  6. 【MOVIE】ナイトクローラー
  7. 【MOVIE】マイ・インターン
  8. 【映画】ワイルド・スピード SKY MISSION

New!!

  1. 両国で江戸を感じる大人女子遠足
  2. 第3回CheRish meat 肉おじさん by格之進は超贅沢な焼肉食べ比べ!
  3. ガラスカボションアクセサリーを多くの人に 小川真理子さん(会社員/ガラスアクセサリーKWAL!代表)
  4. 【2月 乙女座の満月】浄化の時 ~執着と過去から私を解き放つ~
  5. 【プレゼント】『ねことじいちゃん』特製ペーパークリップ
  6. ガラスネイルで、いち早く2019SSを取り入れよう!
  7. 【プレゼント】ロゴナ ボリュームシャンプー ビール&はちみつ・コンディショナーセット(非売品)
  8. 味付け卵丼で平日晩ごはん!こんなにかんたんがおいしくていいの?
  9. 細かい悩みにもアプローチ!次に狙うべき、ナチュラルファンデ春の新作
  10. 「デュカス・シュル・セーヌ」Ducasse sur Seine アラン・デュカスのセーヌ川クルーズレストラン

Present & Event

PAGE TOP