シネマキアート

【MOVIE】わたしに会うまでの1600キロ

WILD_main_FirstLook

もうすぐ夏も終わりですね。今回は、新しい季節へのスタートにぴったりな映画『わたしに会うまでの1600キロ』を紹介します。

本作は、たった一人で3ヶ月間、アメリカ西海岸を南北に縦断する自然歩道「パシフィック・クレスト・トレイル」という1600キロ(日本でいうと青森から鹿児島までの距離)の過酷なコースを踏破し、どん底の日々からベストセラー作家へと人生をリセットした女性シェリル・ストレイドの実話を映画化した作品。トレイル初心者の彼女がトレーニングも受けずに、どうしてこんな無謀な旅を決意し、どうやって成し遂げたのか、気になりませんか?

スタートしてすぐに、「バカなことをした」と後悔するシェリル。バックパックは重いし、靴を谷に落としてしまうし、空腹だし、野生動物や出会う男たちに襲われそうで怖いし…。最愛の母の死に耐えられず、優しい夫を裏切って男とドラッグに溺れ、このままでは残りの人生も台無しだと思い、始めた人生をリセットするための旅。本作の原題は『Wild』なのですが、タイトル通り自然の荒野の道は人生よりも厳しく、何度もやめようと思いながら歩き続ける中で、シェリルの断片的な過去の回想が描かれ、その世界観にどんどん引き込まれていきます。そこで本当の自分と向き合い、出口を見つけることができるのか…?

このシェリルの自伝を読んだリース・ウィザースプーンは、本人に電話をして感動を伝え、映画化を申し出たそう。その熱意でリースはシェリルの冒険を体現しています。また母親ボビー役には『ジュラシック・パーク』(1993)でお馴染みのローラ・ダーン。母と娘の心の絆を絶妙に演じ、今年のアカデミー賞主演&助演女優賞Wノミネートを果たしました。そして、監督は『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013)でアカデミー賞主演(マシュー・マコノヒー)&助演(ジャレッド・レト)男優賞でオスカーをもたらした、ジャン=マルク・ヴァレ。2年連続のWノミネートはアッパレです!

WILD_sub2_W_12192

ところでリースといえば、アメリカ独立宣言署名者の子孫で、『キューティ・ブロンド』(2001、2003)シリーズが大ヒットし、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(2005)ではアカデミー賞主演女優賞を獲得するなど、優等生でキュートなイメージが。しかし、昨年4月に新夫ジム・トス(旧夫は『クルーエル・インテンションズ』(1999)共演のライアン・フィリップ)が飲酒運転で逮捕される時に、警察の命令に従わず「私が誰か分かってんの?」と発言し、夫と共に逮捕され、すっかりイメージダウン。その後、すぐに謝罪声明を出し、本作の記者会見でも「ベストなことは、間違いから学んで前に進むこと」と語っていました。

リースは主演するはずだった『ゴーン・ガール』(2014)は、(デヴィッド・フィンチャー監督が主演のイメージが違うと難色を示したため)製作だけにし、汚名返上と奮起し、本作の主演&製作に専念しています。“これぞ女優”とばかりに体を張った、これまでにないリースを観ることができます。完全にイメージをリセットできたのでは? ちなみに次回作は女性宇宙飛行士の映画『Pale Blue Dot(原題)』の主演&製作をするようです。山の次は宇宙と、スケールが大きくなっていますね。

丁度去年の今頃、私はやりたいことがあったので、会社を辞めて新しいことに挑戦しました。本作ほどのリセット感はありませんが、後悔はないし、直感を信じて実行して良かったと思っています。自分や環境を変えたい時は、後先考えずに飛び込むというのもいいものです。本作を観れば、背中を押されパワーがみなぎるはず。劇中に出てくるたくさんの名言にも心が動かされますよ!

WILD_poster_1M
わたしに会うまでの1600キロ
8月28日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
(C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
http://www.foxmovies-jp.com/1600kilo/

著者プロフィール

國方 麻紀(くにかたまき)
國方 麻紀(くにかたまき)エディター・ライター
香川・丸亀出身、東京・吉祥寺在住のアラフォーのエディター・ライター。
女性誌『ELLE JAPON』『VOGUE JAPAN』のウェブ・エディターを経て、現在はフリーに。
好きな映画のジャンルは、バイオレンスや時代劇、B級など。
「このコラムを読んで普段観ないようなジャンルの映画にも興味を持ってもらえたらうれしいです!」

関連記事

  1. 【MOVIE】リリーのすべて
  2. 孤狼の血
  3. ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
  4. 【MOVIE】ゴーストバスターズ
  5. 【映画】マジック・イン・ムーンライト
  6. 【MOVIE】トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
  7. 【MOVIE】わたしはマララ
  8. パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 【MOVIE】パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

New!!

  1. 【プレゼント】『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』一般試写会
  2. 世界初の個人美術館 パリ「ギュスターヴ・モロー美術館」
  3. ハリと透明感に満ちた肌へ。「コスメデコルテ AQ クリーム アブソリュート X」誕生!
  4. 【セルフネイル】表情豊かな冬のフラワーネイル
  5. 美白のハーブ「ヒース」でからだの内側からきれいに!
  6. YUKIRINセレクト、今選ぶべき美容オイル指南
  7. 【編集長日記】BIOPLE FESに参加してきました Vol.2
  8. 立冬が近づいたらビタミンカラー
  9. 【プレゼント】『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ライブビューイング付ジャパンプレミア試写会
  10. 幸運の星『木星』のパワーを香りでまとってみよう!!

Present & Event

PAGE TOP