CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

フランス旅行で欠かせないデスティネーション・「月の港」ボルドー

01

4年に一度のサッカーのビッグイベント「UEFA欧州選手権」が来年開催されます。
開催国は、フランス!
フランスでの開催は1984年以来、約30年ぶり。
開催までまだ時間はありますが、6月にはカウントダウンイベントが開催され、ちょっとずつですが準備モードに。
サッカーとフランスが好きな私も、なんだかソワソワ。

今回は史上最多の53の国と地域が参加、24の出場権を得るため(開催国のフランスは無条件で出場が決まっています)、今まさに熱い予選が繰り広げられています。
大会はパリ、サンドニ、ランス、リール、サンテティエンヌ、リヨン、トゥールーズ、マルセイユ、ニース、ボルドーといった10の都市で開催されます。

その開催都市のひとつ・「月の港」ボルドー。
先日「ボルドー展」(上野・国立西洋美術館にて開催中)についての記事を書きましたが、今回は改めてボルドーという街について書いてみたいと思います。

02

世界中の旅行者がインターネットで投票に参加できる「欧州ベストデスティネーション」。
2015年はボルドーが選ばれました。
そう、ボルドーは訪れた人が “他の人にもおすすめしたくなる街”なんです。

03

ボルドーをはじめ、アキテーヌ地方の名産と言えばやっぱりワイン。
ボルドーの街の中心にある観光局の近くから出発する「半日ワイナリーツアー」は、個人旅行ではなかなか行きづらいシャトー巡りが、効率よくできるんです。
訪問するシャトーや地域は日によって異なるので、滞在中毎日参加してもいいくらい!
ガイドさんの話を聞きながら、ワインに対する知識も深まるしたくさんの種類を試飲できるので、ワイン好きにはたまりません。

以前参加した時は、最高級ワイナリー「シャトー・マルゴー」にも!
ただ、外観だけの見学でしたが…(苦笑)

04

ボルドーは貿易港で発達した街。美味しい物がたくさん♪
レストランやブラッスリーも目移りするくらいたくさんあります。
フォアグラや牡蠣などワインに合う食材が、パリでは考えられないような物価でいただくことができる、美食の都でもあるんです。

さらにガロンヌ河沿いには、30軒のショップ&10軒のレストラン「ファクトリー・アウトレット・センター」もあり、ショッピングも楽しめる街でもあるんです。

05

パリからTGV(新幹線)で約3時間。
頑張れば日帰りでも行けるので、パリに宿をとったからって遠出をあきらめたらいけません!
魅惑のデスティネーション・ボルドーへ、是非☆

ボルドー観光局オフィシャルサイト(日本語)
http://www.bordeaux-tourism.jp/

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE