CheRish Brun.|チェリッシュブラン

私のごきげんな毎日

土田康彦著『辻調鮨科』プレゼント

CULTURE&ENT

“辻調”出身の世界的ヴェネツィアグラス作家 土田康彦氏が衝撃の小説家デビュー!

辻調鮨科

【あらすじ】
1988年4月、豆腐屋の息子・長谷川洋右は鮨職人を志し、父が地道に稼いだお金を学資に、世界随一の「辻調理師専門学校」に新設された「鮨科」(架空)に入学した。
田舎から単身、大阪にやってきた長谷川は、初めて見る雑然とした街並みに目を丸くする。
鮨科で出会ったのは、銀座の高級鮨店の息子にして優等生の千住、中卒ながら勉強熱心な中村、ソマリア出身のママドゥ、イタリア出身の女性クラウディアといった個性的な同級生たち。
そして何より、鮨科の担当・城島先生との出会いが、長谷川の運命を大きく変えた。見るからに強面の城島は劣等生の長谷川に厳しく、根気強く 指導し、長谷川も少しずつそれに応え、秘めた才能を開花させていく。

【著者プロフィール】

土田康彦  (ツチダヤスヒコ)

土田康彦(ツチダヤスヒコ)
1969年、大阪市生まれ。
88年、辻調理師専門学校卒業後、フランス・パリで食と芸術の道を目指す。
95年より、イタリア・ムラノ島にてヴェネツィアンガラス制作に携わる。
2008年、第11回オープン国際彫刻展に日本代表として出展し、最優秀グランプリ受賞。14年、第53回日本現代工芸美術展現代工芸賞。
小説は本書がデビュー作となる。

created by Rinker
¥1,980 (2024/04/16 03:23:36時点 Amazon調べ-詳細)

土田康彦著『辻調鮨科』プレゼント

  • プレゼント:『辻調鮨科』
  • 当選者数:5名
  • 応募締切:2022年1月4日

※当選者の発表はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます
※転売目的でのご応募はお控えください
※応募の際にお答えいただいたアンケートはCheRish Brun.の企画にて使用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Evernote
Feedly
Send to LINE