小路桃子の「編集長日記」

【編集長日記】リンゴ酢でシャキっと元気に

アップルサイダービネガー

Biople by CosmeKitchenでこれから取り扱いが開始となる商品のお披露目会とも言えるIOPLE FESが先日行われ、私も足を運ばせていただきました。毎回毎回、パワーアップしているステキなステキなイベントで、とても気になるアイテムが所狭しと並びます。
今回のビープルフェスで私が気になったものを折を見ながら少しずつ紹介していきます!

本日ご紹介するのは4月21日に先行発売される、Coteaux Nantais(コトー・ナンテ)有機アップルサイダービネガーです。
有機栽培のりんごをまるごとすりつぶしたジュースを酵素を加えず樫樽で熟成、低温殺菌や濾過も行わず瓶詰めをした、自然な風味が生きるアップルサイダービネガー。フランスでは「Best Organic Products2017」に選ばれた1品です。

私は1日1回、炭酸水やお湯で割って飲むようにしています。
ご存知の通り、お酢は体に良いと言われますよね。健康法や美容法でもお酢を飲むことを勧めているものが多くあります。
私の場合、美容、健康の前に体の疲れを取りたかった・・・そう、ここ2ヶ月ぐらい激務な日々を過ごしていたので、「疲れを取りたい!和らげたい!」が切実な願いだったので、まずは疲れを緩和するために飲み始めました。

大さじ1のお酢を約10倍に薄めて飲んでいます。気分でハチミツやアガベシロップをプラスすることも。
というのも、こちらの有機アップルサイダービネガー、フルーティーな芳醇な香りがするんですが、酸味も強い!だからこそ、ちょっとまろやかに味わいたいな〜って思うことがあるんです。
お酢って体に良いのは確かですが、過剰摂取することで胃が荒れてしまうこともあるので、飲み過ぎ厳禁です。

さて、飲み続けて1週間ちょっと経ちました。
あくまでも私の主観ではあるのですが・・・朝の目覚めがシャキっとするようになった気がする。相変わらずハードな毎日を過ごしているのですが、前よりもぐったり感がなくなったような気がします。

若い頃はお酢なんて苦手で仕方がなかったのに、歳をとってからというもの、体がお酢を欲していることがあります。つまり若い時は疲れ知らずで、今はすっかり疲れちゃっている・・・ってことなんですがね。
今回も絶賛お疲れ中の時に、ナイスなタイミングで私の前に「コート・ナンテ 有機アップルサイダービネガー」がすっと差し出されたんだから、飲まないはずないんです。体がお酢を欲していたから。

著者プロフィール

小路桃子(しょうじももこ)
小路桃子(しょうじももこ)CheRish編集長
1975年10月生まれ。
自由学園女子最高学部を卒業後、鹿島建設(株)に就職。
2005年もっと女性が活躍できる場で働きたいと思い、GMOインターネット(株)に転職。
女性向けブログサービスヤプログ!で、コンテンツ企画・著名人ブログを担当。
映画、美容、レシピコンテンツなどオリジナル企画のほか、各メーカーとのコラボ企画を多数実施する。

2013年に思わぬ転機が訪れ退職。
退職2ヶ月後の2013年7月17日に大人女子を楽しむWebマガジンCheRishを立ち上げる。
その傍ら、母であるスーパー主婦足立洋子の専属フードスタイリスト、ワークユニットJIYU5074LABO.のメンバーとしても活動中。

関連記事

  1. 【編集長日記】レトロな町並みがステキな長野県は海野宿に行ってきま…
  2. 【編集長日記】フォトジェニックなチーズケーキと私時間
  3. 【編集長日記】富士山を眺めながらキャンプ
  4. 【編集長日記】編集長日記をはじめます
  5. 【編集長日記】夏風邪と小屋フェス
  6. 【編集長日記】ブルックリンスレートカンパニーのスレートに夢中!
  7. キュアバザー新色 【編集長日記】Kure BAZZARの新作お披露目発表会へ
  8. 【編集長日記】LINE@はじめました!

New!!

  1. 両国で江戸を感じる大人女子遠足
  2. 第3回CheRish meat 肉おじさん by格之進は超贅沢な焼肉食べ比べ!
  3. ガラスカボションアクセサリーを多くの人に 小川真理子さん(会社員/ガラスアクセサリーKWAL!代表)
  4. 【2月 乙女座の満月】浄化の時 ~執着と過去から私を解き放つ~
  5. 【プレゼント】『ねことじいちゃん』特製ペーパークリップ
  6. ガラスネイルで、いち早く2019SSを取り入れよう!
  7. 【プレゼント】ロゴナ ボリュームシャンプー ビール&はちみつ・コンディショナーセット(非売品)
  8. 味付け卵丼で平日晩ごはん!こんなにかんたんがおいしくていいの?
  9. 細かい悩みにもアプローチ!次に狙うべき、ナチュラルファンデ春の新作
  10. 「デュカス・シュル・セーヌ」Ducasse sur Seine アラン・デュカスのセーヌ川クルーズレストラン

Present & Event

PAGE TOP