CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【編集長日記】ファブリックパネルを手作りでワークショップ熱

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お料理が好きだったり、おかし作りが好きだったりと同じく、もともと、手作りは好きな方で昔はよく洋服を作ったり帽子を作ったりバッグを作ったり・・・なんてしていました。
が、ここ数年めっきりミシンを出すこともなくなってしまっていました。
今回もミシンを出したわけではないのですが、最近わたし的には布ブームがやってきており、何かと布が気になっています。
とは言っても、大きな布を買っても何もできないので、少し大きめの切れ端的なもので気に入ったものがあるものをいくつか購入していたんですが、その中の2つでファブリックパネルを作ってみました。

ファブリックパネルは色々な作り方がありますが、私はもっとも簡単な方法で。
既成品のフォトフレームにお気に入りの布を挟み込むという方法です。
この方法だと特別な道具もいりませんし、ほんの数分で完成します。

強いてポイントと言うならば、布にしっかりとアイロンをかけるというくらいでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日取材で訪れた倉敷で一目惚れした刺繍が施された布です。
今年の家庭運のラッキーカラーである水色の布を使ったファブリックパネルはリビングに。
写真1枚目は、今年の私の仕事運のラッキーからであるグリーンの布を使ったファブリックパネルは、良いお仕事がたくさん入ってきますように!という願いを込めて玄関に飾りました。

ここ最近、お仕事でワークショップ的な取材をいくつかしたためか・・・CheRishでもワークショップをしたい熱が私の中で高まっています。
そして、少しずつリサーチを開始していたり。
もしかしたら、ここ数ヶ月以内にCheRishからワークショップのお知らせが届くかもしれないです。




Author's Profile

CheRish Brun.編集長小路桃子(しょうじももこ)
1975年10月生まれ。
自由学園女子最高学部を卒業後、鹿島建設(株)に就職。
2005年もっと女性が活躍できる場で働きたいと思い、GMOインターネット(株)に転職。
女性向けブログサービスヤプログ!で、コンテンツ企画・著名人ブログを担当。
映画、美容、レシピコンテンツなどオリジナル企画のほか、各メーカーとのコラボ企画を多数実施する。

2013年に思わぬ転機が訪れ退職。
退職2ヶ月後の2013年7月17日に大人女子を楽しむWebマガジンCheRishを立ち上げる。
その傍ら、母であるスーパー主婦足立洋子の専属フードスタイリスト、ワークユニットJIYU5074LABO.のメンバーとしても活動中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE