CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【フラワーアレンジ】真夏はビビットな色合いで

連日、驚くような猛暑が続いていますが、お元気ですか?
暑中お見舞いを申し上げます。

こんなに暑いと、お花を飾るなんて!と言われる方もあるかもしれませんが、そんな時こそ、お花を飾りましょう!!
お家の中にお花があると気分がリフレッシュしますよ。

今回のお花のひとつは蘭、その中でも「モカラ」を選びました。
「モカラ」は、現在の日本では育てにくく、シンガポールやタイ、台湾などからの輸入花です。そんなことからも、暑さに強いお花だということもわかるかと思います。

ビビットなモカラと一緒に、エレンジウム。ブルーの星型のお花がついているもの。そして、たくさんの実がついている、ユーカリの種類。
こちらの二つは、ドライフラワーにしても綺麗になるので、お手入れもこの季節特にしやすいことから、一緒に入れています。

もちろん、ガラスの器、黒の花器にはお水がたっぶり入っています。

そして、フレッシュ感と涼やかに感じさせてくれるグリーンのタマシダも大活躍です。

お花を飾ったら、新鮮なお水をたっぷりあげましょう。
気温が上がっていますので、多めにお願いします!

お家の中にお花を運びましょう♪
リフレッシュして素敵な毎日でありますように。そして、良い夏をお過ごしください。

今回の五本のお花
*蘭 モカラ
*蘭 
*タマシダ
*ユーカリ
*エレンジウム

Living With Flower

オーボエ奏者 松原清氏の凱旋コンサートが行われました。
松原氏の還暦のお祝い、凱旋コンサートのお祝いを兼ねて、花束を担当させていただきました。
 
「還暦のお祝い・ドイツ・七夕」がテーマです
https://bouquetsr.exblog.jp/29620145/
 
先輩のご子息のT君は、この花束贈呈の大役を任せられて、かなり緊張気味。(写真)
 
松原氏はアンドリュー・マンゼ氏の率いるドイツ・ハノーファーのNDR 北ドイツ放送フィルハーモニー団員、在独36年目。オクテット・ハノーファー主幹を務められています。
 
日本での公演は大変珍しいとのことでしたが、今後はその機会ももしかしたらあるそうなので、ぜひその時には足をお運びになることをお勧めします。 
 
素晴らしい演奏でした!
そして、このような晴れがましい時の花束をいけられて、とても嬉しいです。
 
オクテット・ハノーファー 七夕コンサート「ハルモニームジークの世界」
2018.7.7

お知らせ
レッスンのご案内
*F.L.ライトの建物で花を活ける「Décoration Florale―デコラシオンフローラル【芸術文化】
*“花”ある暮らし「亮子さんのフラワーレッスン」
詳細:https://ryoko-kobayashi.jp/lesson.html

プッシュ通知

Author's Profile

Bouquets Ryokoフラワーデザイナー小林亮子(Ryoko KOBAYASHI)
フランク・ロイド・ライト氏が設計した自由学園明日館をはじめ、銀座松屋、都内のこどもの教室などで現在3才〜80才くらいの生徒さんにレッスンを開催しています。
そのほか オートクチュールのウェディングブーケと装花、イベントの装花、プレゼントのオーダーアレンジメントなど幅広く活動中。
季節ごとの美しい花とともに、花のある豊かで洗練されたライフシーンの提案を行っています。

重要文化財自由学園明日館 公開講座
*“花”ある暮らし「亮子さんのフラワーレッスン」
*F.L.ライトの建物で花を活ける「Décoration Florale―デコラシオンフローラル【芸術文化】
松屋銀座カルチャースクール 講座
JIYUアフタースクール *「お花のこよみ教室」(こどものお花とこよみの教室です) など
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。