CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

パリ郊外・絵画のような素敵ホテル「レ・ゼタンジュ・ドゥ・コロー」

約 3 分

01

こちらの連載タイトルにもしている「うたかたの日々」は、愛してやまないボリス・ヴィアンの「L’Écume des jours(うたかたの日々)」から拝借しています。
ボリス・ヴィアンと言えばパリ、サン=ジェルマン=デ=プレですが、彼の出身地はパリ郊外のヴィル・ダヴレー(Ville-d’Avray)という小さな街。

ヴィル・ダヴレーは、パリとヴェルサイユの間、パリからは車で20分ほどの距離なのですが、遥か遠くに来たような穏やかな風景が広がります

今回は、このヴィル・ダヴレーにある、画家カミーユ・コローの絵画で有名な「コローの池」と同じ名前のホテル「Les Étangs de Corot(レ・ゼタンジュ・ドゥ・コロー)」をご紹介します。

02

アメニティはすべてフランス・ボルドーのワイナリーから誕生したスキンケアブランド「コーダリー」のもの。ホテル内には、ブランドイメージのブドウやワインのボトルなどがいたるところに散りばめられています。
お部屋にもありました。静物画のようですが、本物です。

03

目に映るすべてのものが、アート!
インテリアが、家具だけでなく壁紙、小物…ディテールに至るまでこだわりが見てとれます。
実はこのホテル、客室のインテリアが各室ごとに違うのだとか。
ゴージャスなお城のようだったり、アンティークな美術館のようだったり…
私のお部屋は造りが面白くて、ロフト形式でソファーが二つ。アトリエのような素敵なお部屋でした。
来るたびに違うインテリアが楽しめそう!そして窓からの景色も各室ごとに違うのもまた素敵!

04

そしてこのホテルには、コーダリー製品をふんだんにつかったエステを体験できるSpa Caudalie(スパ コーダリー)も併設。私はフェイシャルエステを体験しましたが、とーっても心地よくてすっかりリラックス。
旅は楽しいけど、普段の何倍も歩いたり、日常の何百倍もテンションあがったりするので(笑)、何気に疲れるもの。50分という短い時間でも、ブドウのいい香りに包まれたエステはかなりの癒しと疲労回復効果が得られました。
「スパ」というだけあって大浴場もあるので、水着も持参することをオススメします!

05

ホテル内には、ミシュラン一つ星獲得のレストラン「Corot」(コロー)もあります。
こちらでディナーをいただきましたが、メインのお料理だけでなく、ワインにチーズ、全部において恍惚級に美味!

パリからほんの少しだけのトリップで、都会の喧騒を離れ、リラックス&リフレッシュできる素敵なホテル。本当に、本当に、おススメです!

■Les Étangs de Corot(レ・ゼタンジュ・ドゥ・コロー)
55 rue de Versailles 92410 Ville-d’Avray
http://www.etangs-corot.com/(フランス語)

■フランス女子会
http://jp.rendezvousenfrance.com/ja/content/francejoshikai

今年一年間、こちらの連載におつきあいいただきありがとうございました。
来年もフランスにまつわるさまざまなことを発信していきますので、どうぞよろしくお願い致します☆

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE