CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

60年代ファッションを楽しむ『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

154 views

main

10月18日より公開となった『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』。
まさに人気絶頂の時にハリウッドを去り、モナコ公妃となった女優グレース・ケリーの知られざる葛藤を描いた映画です。

もちろん、映画のストーリーそのものも、楽しんでいただきたいのですが、CheRishが大人女子読者のみなさまにオススメしたいのは、作品中に惜しみなく登場するグレース・ケリーが愛した60年代のエレガントファッションの数々です。

早々たるブランド&デザイナーが衣装を提供

本作の中で注目すべきはその豪華で華麗なる衣装の数々。

クリスチャン・ディオールの協力のもと、グレースが愛用したデザイナー、マルク・ボアンが彼女のためにデザインしたドレスが再現されるなど、名だたるデザイナーたちの協力が実現している。

AM6A3043

写真は、グレースが大ファンだった、当時のディオールのデザイナー マルク・ボアンがデザインしたオリジナルのドレスをディオールが再現したもの。

AM6A2509

また、グレースと言えば忘れてはいけないのがエルメス。もちろん、エルメスはバッグ、スカーフを提供。
靴はサルバドーレ・フェラガモ、 ジミー・チュウが提供している。

AM6A5382

また、注目すべきは映画の中でも重要なシーンとなる、世界中の要人を招いた大パーティーでのシーン。
ここで身につけているドレスはグレースが実際に1956年に着たランバンのドレスをもとに作られたドレス。

そして、身につけているジュエリー。
これは今回カルティエがモナコ公国の同意のもとに、レーニエがグレースにおくった婚約指輪、3連ネックレスやティアラなど精巧なレプリカを制作した。

取り入れやすいグレースファッション

豪華な衣装はもちろん、本作の中でのキラキラと輝いているが、グレースの普段のファッションも本作の中ではたくさん登場する。
60年代のファッションは、憧れでもあるが、現代の私たちのファッションにも取り入れやすいものがいくつかあるのも確かだ。

レッド&ブラックでクラッシックエレガント

081

赤と黒で統一されたこちらのファッション。
深紅の赤のワンピースにブラックの小物を合わせることで統一感のあるクラッシックスタイルが完成。特別な日にはこんなスタイルでお出かけしてみては?

ドット柄のワンピースでガーリーエレガントに

2
ドット柄のワンピースは最も取り入れやすいアイテムの1つ。フレアタイプのワンピースを選ぶことでエレガントな雰囲気を。アクセサリーをシンプルにすることで、上品さも。
実際にグレースはブルーシルクのドットが好きだったそう。

カジュアルエレガントは同系色を選んで

3
カジュアルなパンツスタイルには、同系色のトップスを持ってきてエレガントに。パンツはクロップドパンツがおすすめ。
ゆったりしたトップスをもってくることで、リラックス感を出して。

グレース・ケリーとニコール・キッドマン

ニコール・キッドマンは、グレース・ケリー独特のみの振る舞い、訛り、話し方を習得するべく撮影前の5ヶ月間に大量の映像、資料を徹底的にリサーチした。

4
※写真は公妃となったグレース・ケリーとレーニエ3世

さらに、そこからメイクアップアーティスト、衣装デザイナーの力が加わり、二コール・キッドマンをグレース・ケリーに近づけることに成功した。
その見事なまでの二コール・キッドマンによるグレース・ケリーをぜひスクリーンで確かめていただきたい。

p

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』
大ヒット公開中!
grace-of-monaco.gaga.ne.jp
©2014 – STONE ANGELS  

■監督:オリヴィエ・ダアン『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』  
■出演:ニコール・キッドマン『めぐりあう時間たち』『ムーラン・ルージュ』/ティム・ロス『海の上のピアニスト』『パルプ・フィクション』
/フランク・ランジェラ『ドラキュラ』『フロスト/ニクソン』/パズ・ヴェガ『トーク・トゥ・ハー』『カルメン』

【STORY】
“世紀の結婚式”から6年経った1962年、グレース・ケリーは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも控えめでいることを望まれる。
そんなある日グレースがヒッチコックからのハリウッド復帰の誘いに心を動かされたとき、レーニエは過去最大の危機に直面する。フランスのド・ゴール大統領が過酷な課税をモナコに強要、承諾しなければ「モナコをフランス領にする」という声明を出したのだ。
愛する家族を守るため、そして宮殿生活で見失っていた自分を取り戻すため覚悟を決めたグレースは、自分にしかできない秘策を考え出す。外交儀礼の特訓を受けて、完璧な公妃の“役作り”に励み、ド・ゴールを含む各国の指導者を招いた “舞台”を用意。果たしてグレースが自ら書いた“脚本”のクライマックスとなる、運命を握るスピーチとは──?




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE