連載・コラム魔法の香り手帖

  1. エリニュスの鱗

    ―呼び起こされる記憶の断片。薔薇窓の元、眼下遠く、海から姿を現したいつかの私が見える―生温かい海風が吹き抜けると、石畳はその色を一瞬和らげた。風はゆっくりと上を目指し、崖の上に佇む灰色の塔へ辿り着く。塔の上には鋼鉄の薔薇…

  2. 煌めきは香りとなり胸に光る

    木々の葉が瞼を閉じた森の奥深く。星たちは間もなく訪れる夜明けに備え、身を震わせながら目を…

  3. 滴るは君の記憶

    土埃が儚げに舞う古いアーケード街。在りし日は商人が溢れ、昼夜問わず活気付いていたこの町も、い…

  4. 春風がこの恋を知っている

    鮮やかに晴れた空から雨が降り注ぐ。芽吹いたばかりの緑を試すように強く叩きつけ、次第に足元の土…

  5. 雪解けのラビリンス

    荒れ狂う雪の中、彼女は必死に凍える道を歩いていた。辺りは薄暗く、目を開いていられないほど…

  6. 愛は深い森に眠る

  7. この世でいちばん静かな朝

  8. アンテロスの求愛

  9. 肌のすきまと、すべりこむ微熱

  10. ベリーベリーベリー

New!!

  1. グリーンブック
  2. 【1月 獅子座の満月】心地よさに委ねて、豊かな波を引き寄せよう
  3. 野菜たっぷりカレーピラフで平日晩ごはん
  4. 【プレゼント】『女王陛下のお気に入り』一般試写会
  5. 【セルフネイル】ハッピーをトッピングしてくれるクリアハートネイル

Present & Event

PAGE TOP