【ワークスタイル】ガーナでの生活と闘病経験から、ブランドを生み出す 大山知春さん(VIVIA JAPAN株式会社代表取締役)

大山知春さんが立ち上げたスキンケアブランドJUJUBODYのシアバターは、原材料名に「シア脂」としか書いていません。「なんでも手に入る日本で、本当にナチュラルな商品は実は手に入れにくいことに気が付き、では自分が!とブランドを立ち上げました」と話す大山さんに、お仕事について聞きました。


スタートは銀行勤務

――VIVIA JAPANという会社の代表取締役をなさっていますね。主に2つの事業を展開されているのですね。
そうです。一つは西アフリカで事業展開をしようとするお客様へのビジネスコンサルタントです。どちらかというと海外からのオファーが多いですね。まだ日本にとって、アフリカは遠い国なのかもしれません。

もう一つはJUJUBODYというオールナチュラル・スキンケアブランドです。モリンガオイル、シアバター、カカオバターを中心に、アフリカの天然素材を生産者から直接輸入し、販売しています。「JUJU」はアフリカの言葉で「魔法をかける」という意味。ガーナ在住の私のビジネスパートナー、カールが提案してくれました。

――もともと化粧品に興味があったのですか?
いえ、そうではないんです。大学卒業後はファイナンシャルコンサルタントとしてみずほ銀行に就職しました。そこで2年弱働いてから、外資系のコンサルティング会社に転職し、資産運用のコンサルティングを担当していました。その会社が日本法人を閉めてタイへ移ることになり、私もバンコクへ。そこで2年間働きました。

ただ、就職から5年ほど経つと、どのような案件もこなせるようになってきました。そこで、先のことを考えた時に、一度辞めて、MBAを勉強して独立してもよいし、また他の会社に移るのもよいかなと。それで29歳で会社を辞めて、オランダのビジネススクールへ留学しました。