大人女子のご褒美バカンス

強く、美しくなる香港(5) 「美」食を満喫 ケリーホテル香港

目に映るものすべてが美しい『ケリーホテル香港』。滞在しているだけでビクトリア湾の波に心が洗われ、澄んでいきます。しかし、このホテルが誇るは空間だけではありません。それは合計5つのレストラン、バー&ラウンジから提案される「美」食。しかも施設内にいながらにして”食の香港”を体感できてしまう程、バラエティ豊かなのです。

モダン中華レストラン 紅糖

まずご案内したいのは7階にあるレストラン『紅糖(ホントン)』。海を隔てた香港島を眺めながら頂くのはケン・ユシェフによる中国料理。カジュアルなランチから夜景を愛でながらのディナーと、その時々で思い出に残る味と時間を与えてくれます。

Grilled Eel Tossed with Osmanthus Honey Sauce桂花糖脆鱔球

Grilled Eel Tossed with Osmanthus Honey Sauce桂花糖脆鱔球

店内はホテルの所在地、紅磡エリアを象徴する醸造所街の面影を再現。赤の生レンガの壁、ビンテージテーストの革製の椅子、ティンテッドガラスのランプといったインテリアをとり入れ、レトロ&モダンを演出します。

お料理もまた美しい盛り付け、食欲をそそります。たとえば『桂花糖脆鱔球』(HK$170++)は鰻の照り焼き風。揚げてハチミツ風味の糖桂花ソースをからめた鰻は食べ応えのある弾力と歯ごたえ、うま味に溢れています。またフルーティなメロンに蟹の爪、黒トリュフを重ねた『松露白玉鮮蟹拑』(HK$520++)は記憶に残る一品です。

紅糖
電話:+852 2252 5279
営業時間:ランチタイム11:30~14:30/ディナータイム18:00~22:30

270度のパノラマ・テラス・バー レッドシュガー

『紅糖』の奥には、バー『レッドシュガー』。実はこのふたつの店名は紅磡エリアの「紅」と母体であるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツの創業者であり、東南アジアの「砂糖王(Sugar King)」と呼ばれたロバート・クオック氏に因んだ名称です。

20170917-3 オークウイスキーとオレンジの香りが素晴らしいNegroni(HK$108++)

20170917-3 オークウイスキーとオレンジの香りが素晴らしいNegroni(HK$108++)

テラスを完備したまさに大人の旅にふさわしいロケーションのバー。日没前から深夜まで地元の醸造所のビールメニュー、看板バーテンダー、ジョー・ヴィラヌエヴァ氏によるオリジナルカクテルに酔いしれることができます。

レッドシュガー
電話:+852 2252 5279
営業時間:16:00~24:00(日~木、祝日)/16:00~25:00(金、土、祝日前日)

香港スタイルのアフタヌーンティー ロビーラウンジ

香港といえばアフタヌーンティー。各ホテルがオリジナリティ豊かな趣向を凝らし鎬を削ります。ここ1階『ロビーラウンジ』のプレゼンテーションはまた一興。自慢の『3:15PM GOURMET TEA SET』(2人前 HK$438++)は、煙が出るアフタヌーンティーなのです。

波状の曲線を描くロビーラウンジで頂くサプライズ・アフタヌーンティー

波状の曲線を描くロビーラウンジで頂くサプライズ・アフタヌーンティー

北海道のチーズを使ったタルトをのせた火鉢から噴き出すのはドライアイス。なんともユニークで各国を旅し、アフタヌーンティーを取材する私も初めての体験です。

9品のSweet&Savouryには香港式ミルクティーを合わせ頂きました。この『ロビーラウンジ』はホットジンジャーレモンコーク、ミルクソーダなど香港スタイルのコンフォートメニューを提供しています。街の茶餐廳とはまた違った、ラグジュアリーなムードの中、香港をより強く感じられます。

ロビーラウンジ
電話:+852 2252 5237
営業時間:08:00~24:00/アフタヌーンティー14:30~16:30

香港スタイルといえば革新的な『ドックヤード』を忘れてはいけません。

食の最新スタイル ドックヤード

ホテル1階に設けられた、この独立運営のグルメフードホールは、まるで小さな街のよう。バーをはじめタイ、ベトナム、日本、韓国、中国の麺料理など9つショップが並び、カジュアルな値段設定です。しかもアプリで注文ができる最先端のシステムを導入。

中国麺料理『華姐清湯腩』の雲吞擔擔麺(HK$58)、『油菜』(HK$25)

中国麺料理『華姐清湯腩』の雲吞擔擔麺(HK$58)、『油菜』(HK$25)

さらにビリヤードやサッカーゲーム台などが並ぶなど遊び心も加わり、胸をワクワクさせてくれます。毎週木、金、土曜日は人気バンドのライブも開催。宿泊客だけに留まらず今や名所になりつつあり、さすが5つ星ホテルが手掛ける食のプロデュースは独創的です。

電話:+852 2252 5228
営業時間:11:00~23:00
URL:http://dockyardhk.com

『ケリーホテル香港』からの素晴らしい風景を日がな一日眺めつつ、各階の美味を食べ歩いていると出かけることが惜しくなってしまう程。それにここは、リゾートに来たかのような錯覚を覚えさせる癒しの力に満ちてるから不思議。強さと美しさを蓄えるに相応しいホテルとの出逢いとなりました。

ケリーホテル香港 香港嘉里酒店
住所:九龍紅磡灣紅鸞道38號
電話:+852 2252 5888
問い合わせ:http://www.shangri-la.com/jp/hongkong/kerry/contact-us/email-us
URL:http://www.shangri-la.com/jp/hongkong/kerry
価格:プレミアシービュールーム 一泊一室2名利用 HK$2,600++
(部屋代のみ 朝食代別)

次回は最終回。日本と香港を結ぶエアライン、香港エクスプレスをご紹介します。

香港ドルレート:2017年09月14日現在 1HK$=14.13

協力:香港政府観光局ケリーホテル香港

著者プロフィール

泉美 咲月
泉美 咲月文筆家、写真家、出版プロデューサー
1966年、栃木県生まれ。27歳の離婚を機に1994年より女性誌や企業誌、ムック、Webなどで企画記事の提案やインタビュー&執筆開始、のちに書籍制作を手掛けるようになる。旅と食に重きを置き『台湾カフェ漫遊』、『京都とっておき和菓子散歩』、『糖尿病でも大丈夫! しっかり甘い手作りスイーツ』などを出版。

またタイ料理とリゾートを求め1991年の初訪問以来の親泰。数多訪ねるうち、2012年には計40日間に渡り滞在し取材、各メディアに紹介。好きが高じて2013年5月、著書『40代大人女子のための開運タイごほうび旅行』(太田出版)を上梓。タイをはじめ、大人の女性が楽しめ、幸せになれる旅を案内するのが使命。

関連記事

  1. 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(3) ナーチャー・ウェルネス・ビレッジでスパ三昧 ヒロット編 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(3) ナーチャー・ウェルネス…
  2. 強く、美しくなる香港(2) 開運香港観光案内 強く、美しくなる香港(2) 開運香港観光案内
  3. 強く、美しくなる香港(3) ビクトリア湾に浮かぶ部屋! ケリーホテル香港 強く、美しくなる香港(4) ビクトリア湾に浮かぶ部屋! ケリーホ…
  4. 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(6) エドサ シャングリ・ラ マニラ CHI, The Spaでヒロット体験 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(6) エドサ シャングリ・ラ…
  5. 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(2) ナーチャー・ウェルネス・ビレッジでスパ三昧 宿泊編 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(2) ナーチャー・ウェルネス…
  6. しいフィリピン、癒しのヒロット旅(1) 伝統療法、ヒロットへの誘い 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(1) 伝統療法、ヒロットへの…
  7. 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(4) ザ・ペニンシュラマニラでラグジュアリー・リゾート 宿泊編 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(4) ザ・ペニンシュラマニラ…
  8. 強く、美しくなる香港(1) 涼茶舗の漢方ドリンクで旅をしながら無敵になる 強く、美しくなる香港(1) 涼茶舗の漢方ドリンクで旅をしながら無…

New!!

  1. あっという間に理想の一汁三菜が完成!野菜の揚げ浸しで平日晩ごはん
  2. 【プレゼント】『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
  3. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” 高山奈保美さん(同)アンジェロ代表
  4. 【プレゼント】『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前イベント試写会 】『泣き虫しょったんの奇跡』
  5. 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~ 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~
  6. ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク
  7. パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス) パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)
  8. 夏の“足のつり”はアロママッサージで解消しよう!
  9. 野菜の素揚げのせ冷やしうどんと豚の竜田揚げでパワフル週末ごはん 暑い夏を乗り切る休日ごはんの献立
  10. 【プレゼント】『寝ても覚めても』トークショー付試写会 『寝ても覚めても』

Present & Event

  1. 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
PAGE TOP