CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

『世界から猫が消えたなら』一般試写会ご招待!

12 views

main

100万部突破の感涙ベストセラー「せか猫」が映画化。
号泣必至の感動作に仕上がった。

原作・川村元気による感涙ベストセラー『世界から猫が消えたなら』。
2013年に本屋大賞にノミネートされ、その後、文庫化・コミックス化、そして中国・韓国・台湾で出版もされて累計100万部を突破。
“せか猫”の愛称でたくさんの読者に愛されてきた物語が、映画になった。
「僕」と「悪魔」の二役に挑むのは、佐藤健。そのかつての恋人に、宮崎あおい。
映画マニアの親友を濱田岳、疎遠になった父を奥田瑛二、死別した母を原田美枝子。
さらに奥野瑛太、石井杏奈、そして僕の愛猫=キャベツとレタスもかわいらしく共演。
また映画の大きなみどころのひとつ、絵画のように美しいロケーション映像の数々にも注目だ。

『世界から猫が消えたなら』一般試写会ご招待

■招待数:CheRish読者11組22(にゃんにゃん)名をご招待!
■日時:5月10日(火) 18:00/18:30開映
■会場:ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2丁目9−16 日本消防会館 2F)
■応募締切日:4月27日

4

pos
『世界から猫が消えたなら』
2016年5月14日全国東宝系にてロードショー
http://www.sekaneko.com/
(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

sub1

【ストーリー】
これは、余命わずかな僕に起きた、やさしい「愛」の物語。

余命わずかの30歳郵便配達員の前に、自分と同じ姿をした悪魔が現れた。
世界から電話、映画、時計、そして、猫が消える…?
もしも、大切なものを一つ消すこととひきかえに、一日の命をもらえるとしたら。

もし僕が「余命わずか」と宣告されたなら・・・
僕は30歳の郵便配達員。愛猫・キャベツと一緒にふたりぐらし。ある日の午後。あまりにひどい頭痛がするので病院にいってみたら、脳に腫瘍ができて、余命わずかと宣告されてしまった。l




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE