CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

夏の火照った体を冷すコーヒーゼリー

暑かった8月も終わりに近づいてきました。
今月は第5週までありましたので、サッパリと美味しいコーヒーゼリーをご紹介します。

コーヒーゼリー

心の働きを助け、やる気のない時や眠気に襲われた時、精神的に疲れているときなどに飲むと元気になるコーヒーをサッパリと少し濃い目ですが、のど越しの良いゼリー仕立てにしました。
苦味は便秘や二日酔いに効果的なんですよ。
疲れには甘いコンデンスミルクをかけてどうぞ!

コーヒーゼリー

材料と分量(2人分)

水…400cc
インスタントコーヒー …大さじ2
アガー…大さじ2
コンデンスミルク…適量

作り方

  1. 鍋に水を沸かしコーヒーを入れる
  2. 火を止めたらパールアガーを入れて良くかき混ぜ,型に入れて冷やし固める
  3. コンデンスミルクをかける

created by Rinker
新田ゼラチン
¥1,527 (2019/11/20 18:14:10時点 Amazon調べ-詳細)

もちろんゼラチンでもOK!

アガーは海藻から抽出したゲル化剤です。昨今、市販で透明なゼリーはこれで作られていますが手に入らない時はゼラチンで作ってください。

この時は大匙4の水に大さじ2のゼラチンを振り入れてふやかしておきます。
1.の時にゼラチンを入れて良く溶かすとOKです。

プッシュ通知

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。