CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】じゃが芋のグラタンで体中に栄養を運ぼう!

PC064162

やる気がおきない時、些細なことで落ち込んだ時・・・思い悩むと一晩で胃潰瘍になってしまうと言うこともあります。
そんな時は活動するためのエネルギーの「気」も栄養を体中に運んでくれる「血」も足りていない時です。
そんな時には胃にやさしい消化の良いじゃが芋に助けてもらいましょう。
冬を越えたじゃが芋は甘みも、ほこほこ感も一層増して美味しくなっています。

じゃが芋のグラタン

材料と分量(2人分)
じゃがいも 大2個
生クリーム 1/2パック(100cc)
にんにく(ガーリックパウダーでも可) 1/2片
適量
作り方
1.じゃがいもは皮をむき、スライサーなどで薄く切る
2.耐熱皿の底ににんにくを置いてこすり、(1)のじゃがいもを一面に並べる。並べたら、にんにく(ガーリックパウダー)をちらして塩をふる。その上にまたじゃがいもを重ねて……この作業を繰り返す
3.重ね終えたら約6~7分、レンジにかけて生クリームを全体にかけてオーブントースターに入れる
4.表面に焦げ目がついたら出来上がり

じゃが芋のビタミンCは熱に強いのが特徴

一度にたくさん食べられて何にでも合うじゃが芋はビタミンCの宝庫、リンゴやレタスの4倍、トマトと同じくらい含んでいます。
熱に弱いビタミンCですが、じゃが芋のビタミンCは熱に強いのが特徴。
風邪予防やストレスの緩和、動脈硬化を予防する作用があります。

余分なナトリウムの排出を促すカリウムも豊富で腎機能の働きを改善、血圧を下げる効果も期待できます。
じゃが芋は大きさの割には低カロリー、便秘を防ぐ働きのあることも忘れてはならないでしょう。

プッシュ通知

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。