ユキリンの自然美ガイド

肌に優しいアイメイクで、モードスイッチON!

ナチュラルビューティーコンダクターのユキリンです。
ナチュラルコスメの中でも、トライしづらいのが実はアイメイクではないでしょうか。

ナチュラルコスメのアイシャドウは発色が弱めだったり、マスカラはにじみやすいというイメージがありますよね。
今回は、肌に優しくて、トレンドもおさえられ、モードもナチュラルも叶うアイメイクアイテムをご紹介いたします。

“自然界の貴重な恵みと自然の一部である自分を尊重し自然体で生きることこそ美しい”というコンセプトが素敵なTHREEの「4D アイ パレット」は、テクスチャーの異なる4色のレイヤードで目元を際立てることができるアイシャドウ。

1

秋のコレクションとして追加されたカラーの1つである09番は、赤みのあるブラウン、バーガンディ、スモーキーピンク、ピンクパールの輝くグレーで、寒さ深まる季節らしい深みと、気品のあるモード感を演出できます。

淡い色から濃い色へ重ねるという定番の使い方ではなく、ダークカラーをベースに繊細な輝きのある淡いカラーを重ねていくので、イメージをチェンジしやすいですよ。

美しいグラデーションのアイシャドウには、ブラック以外のアイライナーを合わせます。「フラッシュパフォーマンス アイペンシル」は、肌になじませやすい伸びと、1日中フィットしてにじまないウォータープルーフ処方です。

グラデーションにより深みが出るので、全色揃えたくなっちゃう!

【商品のお問い合わせ先】
THREE
0120-898-003

ダメージケアしながら美しいアイメイクをしたい方には、MiMCの漆黒ミネラルマスカラ「ミネラルロングアイラッシュ」がおすすめ。

2

粒子型ミネラルファイバーがまつ毛先端に向かって繊細につながって長く伸び、椿リッチオイルでマスカラ中もまつげを保湿可能。

ジェントルフィルム処方により形状記憶されますので、カールキープもばっちりです。
シリコンフリー、防腐剤フリーで実現した素晴らしい漆黒の艶マスカラ。ぬるま湯で落ちますよ。

透明マスカラ派や、まつ毛エクステされている方には、まつ毛専用美容液「アイラッシュケアエッセンス」がぴったり。
目元専用美容液とマスカラ下地、透明マスカラの3役をこなしてくれるこの美容液、まぶたにも塗れるんです!

天然ヒト型セラミド+椿オイル+毛髪補修東洋ハーブブレンドの美容液成分100%、角質&キューティクルまで潤いが届きます。
エクステやマスカラのダメージや加齢によるボリュームダウンケアにも◎。

外出先での”スキンケアのお直し”には「ビオモイスチュアスティック」がオススメです。
3種類のロウ(保湿成分)にベジタブルエキスを閉じ込める処方で、体温でじんわりと溶け出し肌に浸透します。

3

シアバターを凝縮したシアバターノキエキスや、オメガ3を含むインカインチオイルなど美肌成分がたっぷり。
メイクがにじんだり寄れてきてしまった時にも役立ちます。

私はこのスティックを気になる汚れ部分に指でなじませたら、水や化粧水で濡らした綿棒で一旦オフしてします。(この時、乾燥した綿棒でこするのはNG!) 

汚れをオフした後、再度スティックを肌につけなおしてなじませたら、ベースメイクを付け直すとキレイなお直しができますよ。
リップクリームサイズの形状で、ポーチの中でも邪魔になりません。

保湿力高くてもベタつかないので、これから乾燥の気になる季節、1本持っていると便利です!

【商品のお問い合わせ先】
MiMC(エムアイエムシー)
03-6421-4211(平日10:00~17:00)

著者プロフィール

YUKIRIN
YUKIRIN美容ジャーナリスト/香りのストーリーテラー
ナチュラルコスメとフレグランスのエキスパートとして、
「香りで選ぶナチュラルスキンケア」や、「香りとメイクのコーディネート」など提案する他、
香りから着想される短篇小説を連載中。

媒体での執筆・連載の他、
化粧品のディレクション、イベントプロデュース、ブランドコンサルティングなど幅広く活動している。

関連記事

  1. 美容ジャーナリスト ユキリンが選ぶ、年間ベストコスメ2015 総…
  2. 私のマストバイ!厳選ナチュラルメイクアップコフレ
  3. 肌を優しく守る、UVケア最前線
  4. ナチュラルコスメでも実力派美白宣言!
  5. 空き時間はポケットビューティー!
  6. ユキリンおすすめ☆クリスマスコフレ~メイクアップ篇
  7. コーディネートのキメはヘアスタイリング!
  8. 今こそ大人はハーブティー!

New!!

  1. 【チャイレシピ】No.33 キリテー 【チャイレシピ】No.33 キリテー
  2. 罪悪感ゼロのケーキ「オージーケーキ」が日本初登場!
  3. 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を
  4. 【編集長日記】忙しいときほど・・・
  5. 【ワークスタイル】人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集業・ライター) 人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集業・ライター)
PAGE TOP