大人女子のおしごと事情

【ワークスタイル】「好き」を仕事に まつゆう*さん(media icon)

「好き」を仕事に まつゆう*さん(media icon)

10代で雑誌モデルを始めてから、タレント、アーティスト、ブロガー、ツイッターでの発信など、様々なお仕事をされてきたまつゆう*さん。現在もいろいろなメディアで形にとわれない仕事をする“media icon”として活躍されています。すべての仕事に貫かれているのが「楽しむ」姿勢。インタビュー中も、お話からポジティブ感があふれ出てきていました。今月は、そんなまつゆう*さんのお仕事について、お届けします。

これまでの自分も、知ってもらうために

――10代から、いろいろなお仕事をされてきているまつゆう*さん。今は主にどのようなお仕事を?

なかなかひと言ではお伝えしにくいのですが、文章を書く仕事が多いですね。分野としてはビューティー関連が一番多くて。たとえば「3473attention」というメディアにエディターとして参加していて、記事を毎月3本書いています。ある化粧品を一定期間使ってレビューを書いたり、商品発表会を取材してレポートしたりしています。

――今年3月に出版された、『まつゆう*をつくる38の事柄』(まつゆう*著 光文社 2017)ですね。この本を出されたのはなぜですか?

本のプロモーションで、ラジオ出演させて頂きました!2週に渡っておしゃべりできて楽しかったです!

本のプロモーションで、ラジオ出演させて頂きました!2週に渡っておしゃべりできて楽しかったです!

お仕事を始めてから、今年で24周年になるのですが、ここまで長くなると、過去に私が何者だったかを分かっている人ってほとんどいないんです。今の状況だと「流行りのインフルエンサーでしょ?」や、「インスタをアップしている人でしょ」となっていて。

でも実際は、雑誌モデルから始めて、CMもやり、自分でウェブサイトを立ち上げたりもしてきました。webは今年で19年目。どちらかというと技術も、サービスのこともわかっているのですが、そういうことはほぼ知られていないんです。

だから、一度知ってもらえる機会がほしいなと思ったのが本を書いたきっかけ。最初に第一稿を書いてみたら、それなりに紆余曲折がある人生のはずなのに、全部楽しそうになっちゃって(笑)。編集者に「これじゃだめです・・・」って言われたんです。人生の本はアップダウンがないと読んでいて面白くないし、幸せな人の本を読んでも仕方がないと。

書店さん巡りをさせていただき、手作りPOPを置かせて頂きました。

書店さん巡りをさせていただき、手作りPOPを置かせて頂きました。

それで書き直したのですが、それでもそこそこハッピーな内容になってしまって(笑)。それで、結局「よかったね」で終わるならば、どうしてそうなったのか、を毎回キーポイントとして章末につけるのはどうでしょう、と提案しました。同じようなことで悩んでいる人たちが、どう考えればうまくいきそうか、というヒントを書きました。

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【ワークスタイル】できることは全部する。やらずに後悔したくないか…
  2. 【ワークスタイル】生徒を長い目で見守る 根岸幸代さん(ピアニスト…
  3. 【ワークスタイル】地域に根付いたカフェを KNETENオーナー菊…
  4. 【ワークスタイル】本当に肌にいいものを 堀田天晴さん(株式会社H…
  5. 植物が生き生きとする庭を 岡佐紀子さん(淡雪園) 【ワークスタイル】植物が生き生きとする庭を 岡佐紀子さん(淡雪園…
  6. 【ワークスタイル】常にお客様のよきパートナーでありたい サイトウ…
  7. 【ワークスタイル】どんな女性にも、ネイルのおしゃれを楽しんでほし…
  8. 【ワークスタイル】お客さまと一緒に、イメージを形にする グラフィ…

New!!

  1. 【MOVIE】ワンダーウーマン ワンダーウーマン
  2. 強く、美しくなる香港(1) 涼茶舗の漢方ドリンクで旅をしながら無敵になる 強く、美しくなる香港(1) 涼茶舗の漢方ドリンクで旅をしながら無敵になる
  3. 【チャイレシピ】No.33 キリテー 【チャイレシピ】No.33 キリテー
  4. 罪悪感ゼロのケーキ「オージーケーキ」が日本初登場!
  5. 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を
PAGE TOP