大人女子のおしごと事情

【ワークスタイル】ドイツの伝統技術で、日本文化も大事にしたおもちゃを 伊藤真穂さん(木工玩具職人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツの伝統技術で、日本文化も大事にしたおもちゃを 伊藤真穂さん(木工玩具職人)

木工玩具職人の伊藤さんが作る木のおもちゃは、棚に飾ると、それだけで温かい空気につつまれるような気がします。会社員を経験後、単身でドイツへ修行に行き、技術を身につけ帰国。「この仕事を続けているのは、ドイツでお世話になった人たちへの恩返し」と話す伊藤さんに、お仕事、そして木の魅力について話していただきました。

展示会中は徹夜で製作も

――伊藤さんは、木工旋盤で主に木のおもちゃを作られています。旋盤ってどんなものなのですか?

旋盤は、木を固定してモーターで回す機械です。その固定された木に刃物をあてて削り、たとえば人形の顔や体、手足などを作ります。日本のこけしも、旋盤を使って作られています。私はドイツで修行をしてきたので、ドイツに伝わる伝統的な技術を使って、玩具を中心にお皿やペンなども作っています。

――具体的には、年間どのようなスケジュールでお仕事をされているのですか?

決まったスケジュールはなく、今は依頼が来るとその仕事をするという感じ。たとえば、昨年は12月に学生時代の同級生で、フェルト作家とペーパーアート作家の子と3人で展示会をしました。秋ごろに、会場となるショップから正式に展示会開催の依頼が来て、それから作品を作り、展示会前日に会場に搬入。3人で展示準備をしました。
同級生とする展示って、やりやすいんです。「これは、この場所に置くといいよね?」など、お互いにどんどん提案して、作業していけるので。グループ展などだと、誰がどの場所に置くか、というのでも「あの人いい場所だな」とか、いろいろと出てくることもありますから。

共同展示会を開催

学生時代の友人3人の共同展示会を開催

展示会中は、会場にもなるべく行っていました。作品が売れると、補充するために帰ってからまた制作をし、翌日持って行く、ということの繰り返し。前もって作りためればいいのですが、その時その時にくる仕事をしていると、なかなかそれができなくて。徹夜で、朝4時くらいに、3人で「起きてるか~?」って励まし合って作っていました(笑)。

――今小学校4年生と年長さんの息子さん2人を育てながらですから、かなり大変そうですね。

それでもなんとか作っていましたね。こうした展示会の他には、たとえば旋盤を使って製作をしている人たちのウッドターニング協会というのがあって、私も会員なのですが、そこで講師をしたり、来年度はカルチャースクールの講師を頼まれていたりと、教える仕事もしています。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 【ワークスタイル】本当に肌にいいものを 堀田天晴さん(株式会社H…
  2. 【ワークスタイル】「わが子に食べさせたい食材」を社会に広める 荻…
  3. 【ワークスタイル】どんな女性にも、ネイルのおしゃれを楽しんでほし…
  4. 【ワークスタイル】お客さまと一緒に、イメージを形にする グラフィ…
  5. 【ワークスタイル】タロットで未来創りのお手伝いを タロットリーダ…
  6. 【ワークスタイル】一緒に働く仲間が最大限の力を発揮できるように …
  7. 【ワークスタイル】できることは全部する。やらずに後悔したくないか…
  8. 【ワークスタイル】常にお客様のよきパートナーでありたい サイトウ…

New!!

  1. 【レシピ】小エビの冷製ジェノベーゼパスタとイタリア風ローストポーク 【レシピ】小エビの冷静ジェノベーゼパスタとイタリア風ロースポーク
  2. 【編集長日記】MY HONEY表参道本店がOPEN! MY HONEY
  3. おもかげのフーガ 「おもかげ」
  4. 【ワークスタイル】父が教えてくれた仕事への姿勢 森本麻未さん(ネイリスト) 父が教えてくれた仕事への姿勢 森本麻未さん(ネイリスト)
  5. 【ネイル】大人ポップなペイズリーネイル ペイズリーネイル

Present & Event

  1. パワーレンジャー
PAGE TOP