おフランスかぶれのうたかたの日々

パリのおすすめレストラン「ブイヨン シャルティエ」

パリのおすすめレストラン「ブイヨン シャルティエ」

パリのメトロGrand Boulevard(グラン・ブールヴァール)駅近くにあるビストロ「シャルティエ」。
世界中の観光ガイドブックにもピックアップされ、毎日毎日ディナータイムには行列ができるほどの人気店です。
(毎日入り口では長蛇の列ですが、お一人様、シングルライダーは行列を一気にワープして入店できるのです。)

去年、久しぶりに訪問しました!
正直に申し上げますと…決して、決して美味しいお料理を出してはきません。
お肉はパッサパサ、パスタはぶよぶよ。
じゃあなんでオススメするのかというと、ここに行くのは一種のイベントだから!
外国人観光客がロボットレストランに料理の質を求めないのと一緒です。

映画に出てくるような、古典的な店内は一見の価値あり。

グラン・ブールヴァール

そしてシャルティエの魅力は、なんといっても格安なところ。
パリのビストロでディナーするとなると、50ユーロ(約6000円)以上は当たり前。
それにワインを追加しようものなら1万円は軽く超えます。。。
シャルティエ価格は、笑ってしまうくらいお安いです。
前菜は1.9ユーロのトマトプレート(ただのトマトをスライスしただけのお皿)、2.2ユーロのウフマヨ(ゆで卵にマヨネーズかけただけのお皿)、フォアグラテリーヌ7ユーロ…などなど。一番高価なお皿でも、13.2ユーロです(エスカルゴ12個)。

メインも、お肉料理で8.7ユーロ〜12ユーロ。信じられないお値段のお料理が並びます。

さてさて、お一人様で通された席は…
絵に描いたような幸せそうな親子3人のテーブルに相席、失礼しまーす。

グラン・ブールヴァール

シャルティエのメインイベントは、このオーダーのとり方。
どんなにたくさんオーダーしても、ギャルソンはテーブルに書いておしまい。

グラン・ブールヴァール

麺はぶよぶよで、ソースも全然美味しくないけどついつい頼んでしまったミートソーススパゲッティ。
これにグリーンサラダ、カラフワインを頼んで15ユーロほどでした。

グラン・ブールヴァール

「あー、楽しかった!」
美味しかった、じゃなくって「楽しかった」っていうのが、シャルティエなのです。
ちなみに出口にはTシャツやキーホルダーをはじめとしたシャルティエグッズ売り場もあります。。。笑

Bouillon Chartier ブイヨン シャルティエ
https://www.bouillon-chartier.com/fr/
7 Rue du Faubourg Montmartre, 75009 Paris
営業時間:11:30〜24:00

著者プロフィール

nontage
nontageWebディレクター
渋谷区在住フランス狂。
趣味:フランス旅行・フランス映画鑑賞・フランス語学習
職業:WEBディレクター兼フランス妄想家
魂はフランスに置いて来ましたが、広島カープファンです。

関連記事

  1. 2016年、悲しいフランス革命記念日
  2. トリコロル・パリさんのパリガイドブック「パリでした…
  3. 世界中を魅了したポスターが多数来日!「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」 世界中を魅了したポスターが多数来日!「サヴィニャック パリにかけ…
  4. パンやお菓子だけじゃない!「ボンヌママン」のジャムで…
  5. フランス旅行のお土産選び
  6. パリで一番短い通り「ドゥグレ通り」
  7. メニューはステーキ1種類のみ!パリジャンに大人気レストラン
  8. W杯でフランス語!

New!!

  1. 【プレゼント】『ラ・チャナ』一般試写会 『ラ・チャナ』一般試写会ご招待!
  2. 【レシピ】じめじめした気分を豚しゃぶサラダで美味しく吹き飛ばす! 冷しゃぶサラダ
  3. ナチュラルコスメの新色図鑑~2018 SUMMER ナチュラルコスメの新色図鑑~2018 SUMMER
  4. パリで初めてのデジタル・ミュージアム「L’Atelier des Lumieres」
  5. 【編集長日記】梅雨を楽しめる余裕を持ちたい私
  6. 【チャイレシピ】No.75  ラペイエ 【チャイレシピ】No.75  ラペイエ
  7. 梅雨の時期におすすめの薬膳食材~山椒~
  8. 【フラワーアレンジ】お庭のお花たちと一緒に
  9. 【セルフネイル】大人女子のための「ボーダーシェルネイルの作り方」の作り方 ボーダーシェルネイル
  10. 梅雨のジメジメを、シュッとひと吹きで快適に!!

Present & Event

  1. 『ラ・チャナ』一般試写会ご招待!
PAGE TOP