大人女子的台湾生活

ついにはじめた台湾漢方生活 日本語OKな老舗店がありました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついにはじめた台湾漢方生活 日本語OKな老舗店がありました

台湾に来てからずっと興味があったけれど、なかなか足を踏み入れることができなかったのが漢方薬屋さん。観光地としても有名な問屋街「迪化街」をはじめ、街を歩いているとたくさんのお店を見かけます。中を覗くと、棚にはずらっと生薬が入った瓶が並び、漢方のいい香り。日本ではあまり見かけたことのない独特のいい雰囲気が流れています。

ついにはじめた台湾漢方生活 日本語OKな老舗店がありました

病院へ行く時も「東洋医学(中医)」の病院が多くあり、そこでは漢方を処方してくれます。病気になったときはもちろんですが、体質改善を目的に漢方を常飲している友人などもいて、なんとなくいいなぁ、思ってみていました。漢方医の診察は脈と舌だけでその人の症状を言い当てるので特に言葉は必要ない、という話も聞いたことはあるのですがやっぱりなんとなく敷居が高そう・・・・・・。

でも、ついにこんなわたしでも気軽に漢方生活をはじめられる店をみつけました。しかも老舗で日本語オッケー。完璧です。
今回診察を受けた、「生元薬行」は迪化街界隈の「大稻埕」をいうエリアにあります。診察料は300元。これは保険がなくても診察可能ということで、旅行者の方でも漢方医の診察をうけることができるんです。薬代は一週間分で1000元前後から。ただ、漢方の場合は即効性は期待できなくて、2週間以上飲み続けなければ効果は期待しづらいようです。なのでニーズに合わせて2週間分や1か月分など処方してくれるそうです。しかも、なくなったら日本からの発注も可能。至れりつくせりですよね。

ついにはじめた台湾漢方生活 日本語OKな老舗店がありました

診察の流れは受付をしたあと(ここからすでに日本語対応)、番号カードを渡され待ちます。その間にスタッフさんから気になることを聞かれるので問診。いよいよ診察になったら、聞いていた通り、脈で先生は診察をしてくれます。わたしはありがたいことに胃腸が少し弱いけれど健康だ!とのことで改善したいことを伝え、それにあわせた漢方の処方箋を書いていただきました。

そのあとは処方箋をカウンターに持っていくと、スタッフの方が調剤してくれて終了。目の前で生薬を調合しているところをまじまじを見られるのでかなり気持ちが高まります。後ろの缶、それから棚の引き出しにもびっしりと質のいい生薬が入っているそうですよ。

ついにはじめた台湾漢方生活 日本語OKな老舗店がありました

ゲットした漢方はこのような感じで渡されます。朝昼晩の一日三回、食前に付属のスプーンで山盛り2杯飲んでくださいとのこと。ひえー、ひとつひとつ包まれていないんだ、と思ったけれど意外と慣れれば飲みやすく、携帯するときには小瓶に入れて持ち歩いていました。スプーンから紙に移して、そこから飲むとより飲みやすかったです。味もザ・漢方なので飲み続けられるかな、と若干の不安もあったのですがわたしのはそんなにクセ(?)もなく、まったく問題なし。むしろ漢方の香りはいい香り、と思っているのでそこは個人差があるかもしれませんね。

ついにはじめた台湾漢方生活 日本語OKな老舗店がありました

ちなみに今回処方されたのは「香砂六君子湯」という漢方薬。帰ってからネットでさらに調べてみると、胃腸を強くするのはもちろんですが、手足の冷え、気持ちの落ち込み、疲れやすい、貧血などなど、改善したいな、と思っている症状にぴったりだったということがわかりました。すごいなー。しばらく飲み続けてみようと思っています。

「生元薬行」
住所:台北市南京西路181號
TEL:02-2555-2970
営業時間:8:30-21:00(日祝日は9:00~18:00) 
※日本語対応スタッフは夕方まで

投稿者プロフィール

コバシイケ子
コバシイケ子
1977年生まれ
北海道出身。台北在住。
写真スタジオ、製菓専門学校、大手外資系カフェ店長業を経て2015年より台湾へ。
台湾の食文化やライフスタイルを日々体感しながら研究中。安くてかわいい台湾雑貨、台湾素材を使ったおいしいお菓子をみつけることが趣味。
ライターとして台湾情報に関する記事作成、中国語翻訳も行っています。

ガイドブックには載っていないような在住者だからこその情報、大人女子が楽しめて帰国の時にはもっと台湾が好きになれるような台湾の魅力を独自の視点で発信したいと思っています。
HP、Instagramは随時更新中。
お仕事のご依頼もHP、Instagramのメッセージよりお受けしています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCheRish(チェリッシュ)をフォローしよう!

関連記事

  1. 日常に根付くベジタリアン食 からだがよろこぶ台湾自然派食堂 日常に根付くベジタリアン食 からだがよろこぶ台湾自然派食堂
  2. 思い立ったが吉日!台湾から香港へ!
  3. 食べて、祈って、癒されて。弾丸大人女子旅24時間!
  4. ふだんの台北 ふらっと夜の散歩
  5. 台北の新しいお気に入りスポットは猫空と爆笑パンダ
  6. daqiaoおすすめ台湾土産/迪化街&ドラッグストア編
  7. 台湾フルーツたっぷりの台北おしゃれドリンクスタンド
  8. 冬の台湾で医食同源を実感した日のこと 冬の台湾で医食同源を実感した日のこと

New Posts

  1. 【MOVIE】キングコング:髑髏島の巨神 キングコング:髑髏島の巨神
  2. 【後編】これまでの人生の集大成が、この本! 著者の杉森さん(左)と編集の中島さん
  3. 【編集長日記】誰かと叶える夢の方が実は多いかもしれない 自由学園最高の「お食事」
  4. サーモスが日本初の直営店を二子玉川ライズにオープン! サーモス スタイリングストア
  5. 「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」をイメージしたタルトがキル フェ ボンに登場! 紅茶ムースとジャンドゥーヤのタルト~ベリーと一緒に~
  6. 【チャイレシピ】No.12 カモミール・ミント&ジンジャーチャイ カモミールミントジンジャーチャイ
  7. 鎌倉・材木座海岸のビーチサイドに炭火焼き食堂「海沿いの キコリ食堂」OPEN 海沿いの キコリ食堂
  8. 【レシピ】桜エビと蛤、菜の花のリゾット・ベーコンと春キャベツの詰め物 桜海老と蛤、菜の花のリゾットのちベーコンと春キャベツの詰め物
  9. 0時を過ぎたヴァイオレット 0時を過ぎたヴァイオレット
  10. 2017年度フランス観光親善大使は、くまモン と リカちゃん! 2017年度フランス観光親善大使は、くまモン と リカちゃん!

Present & Event

PAGE TOP